ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】高3で起業!“愛犬家×ペットシッター”のマッチングサービス「DogHuggy」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界的なペット大国でありながら、愛犬を預けるサービスは後進状態の日本。

飼い主は四苦八苦し、少ない選択肢から妥協せざるを得ない状況が続いている。

そうした問題を打破するために生まれたのが、この「DogHuggy」だ。

旅行や外出で、ペットの世話ができない飼い主と、近所の飼育経験豊富なドッグシッターとの出会いを作る、日本初の本格的な愛犬家マッチングプラットフォームサービスである。

高校生3年生で、このサービスを立ち上げたDogHuggy、代表取締役の長塚 翔吾(ながつか しょうご)氏。若き起業家の目に、国内のペット産業は、どのように映っているのだろうか。

・普段と変わらないのびのびした環境に預けられる

Q1:まずは、「DogHuggy」提供のきっかけと経緯から、お聞かせください。

僕は、獣医大学の附属高校で獣医学を学んでいましたが、「動物福祉」という授業があり、そこで日本の動物福祉の現状を知りました。

それから詳しく調べてみると、日本はまだまだペットに対する環境が整備されておらず、海外に比べて大きく遅れた、「どうぶつ後進国」であることがわかりました。

幼い頃から動物が大好きだった僕は、こうした現状をどうにかしたいと思い、まずは多くの飼い主が困っていることを、解決しようと考えました。そこで着目したのが、犬を預ける際の問題です。

既存のペットホテルには、環境のあまりよくない施設が多いにも関わらず、飼い主は旅行など外出の際、犬を預けなくてはなりません。

そこで、「仕方なくペットホテルに預けるのではなく、もっと良い方法で預けることができるのではないか?」というところから、現在のサービスの原型となる構想を練り、高校3年の秋(2014年9月)から、活動を開始しました。

Q2:「DogHuggy」とは、どんなサービスなのでしょうか。

旅行や外出などで、ペットの世話ができない飼い主と、近所の飼育経験の豊富な愛犬家を、マッチングするサービスです。

「DogHuggy」を利用することで、ペットホテルのようにケージに閉じ込めるのではなく、普段と変わらない、のびのびとした環境に預けることができます。

Q3:「Rover」や「DogVacay」を筆頭に、海外では注目の愛犬家マッチングプラットフォームがいくつか存在します。これらとの差別化ポイントは、どこにあるのでしょうか。

日本にローカライズした、という点です。日本人はサービスに対し、慎重な傾向があると考えておりますので、説明会などを定期的に開催し、サービスを利用される方と直接お会いしながら、安心感を持っていただけるように、工夫しています。

・国内普及の鍵は「安全」と「安心感」

Q4:世界的なペット大国であるにも関わらず、日本ではまだまだこうしたサービスが少ないようです。国内でペット関連サービスを普及させる鍵は、どこにあると思われますか。

日本と海外とでは、ペットに対する考え方が異なっています。

日本では、ペットは家族という考え方が主流です。そのため、安心感や安全を徹底して、サービスを作っていくことが、とても重要だと考えております。

Q5:今後の展開について、教えてください。

まずは飼い主がすぐにホストを見つけられるよう、ホスト数の拡大に努めるとともに、イベントやセミナーなどを開催し、知識の普及を図っていこうと考えております。

また、猫向けのサービス展開も視野に入れ、サービスの拡充を行っていくつもりです。

現在は、事業に専念しているという長塚氏。サービスを通し、さまざまな活動を行うことで、日本の動物福祉の向上に貢献していきたい、と語る。

「Rover」「DogVacay」を超えるサービスとなるか、今後の展開に期待したい。

DogHuggy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP