ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「食べたい」直感をコントロールしてヤセる #C・A・Nダイエット

DATE:
  • ガジェット通信を≫


どんな最新ダイエットも、意志が弱くて続けられずリバウンド……。自分の意志頼みのダイエットは失敗しやすいもの
そこで、最近の米コーネル大の研究から、意志ではなく「直感」に着目した画期的な「C・A・Nダイエット」を紹介します。

「C・A・Nダイエット」とは?

研究によると、人は「便利(Convenient)」「魅力的(Attractive)」「日常的(Normal)」という3つの要素が揃った食べ物を、直感で選んでいることが判明したそう。
この特性を利用して、身体にいい食べ物を直感で選びとり、身体に悪く高カロリーなものを直感で避けるように仕向けるのが「C・A・Nダイエット」です。
つまり私たちは食に関し、自分が思っているよりも動物の感覚に近いということ。だったら、意志をコントロールするのではなく、直感そのものを操ってしまおうというアプローチなんです。

「C・A・Nダイエット」の実践ポイント

直感を操る……と聞くと、なんだか大掛かりなことを想像するかもしれませんが、実は「C・A・Nダイエット」の方法は意外と簡単です。
<基本>職場編

◇栄養価の高いナッツ類:よく目に触れるデスクの上に置く
⇒便利(Convenient)、日常化(Normal)させる
◇好物だけど甘いお菓子:あまり開けない引き出しの奥へ
⇒不便、非日常化させる

<基本>自宅編

◇サラダ:白い皿or木のボウルに盛りつける
⇒彩りよく、おいしそうに魅力的(Attractive)に見せる
◇コロッケなど揚げ物:柄物の皿、同系色(ベージュや茶色)の皿に盛りつける
⇒まずそうに、非魅力的に見せる

<応用>飲み会編

「外食のときぐらいは好きなものをオーダーしたい!」
 とても魅力的だけど1点難アリな食べ物を自分の席の近くに置く
 例)
◇旨みたっぷり「骨付き」チキン
⇒おいしそう(=魅力的)! でもちょっと食べるのも取り分けるのも面倒(=不便)。
◇ワニ肉のソテー
⇒珍しくて興味をそそる(=魅力的)! でも得体が知れず不安(非日常的)。
魅力的な訳アリ品って意外と食指が動かないものだから、自分の目の前に配置してOK
◇フライドポテト、串焼き
⇒つまみやすく(=とっても便利)、そこそこおいしい(=まあ魅力的)ことがわかっている(=日常的)
実は「C・A・N」が3拍子揃っていて、無意識にパクパク食べがちなので、目の前に置くのはNG。遠くに配置すること(=不便にする)

ダイエット直感を育てよう

私たちは食について、1日になんと200もの決定を下しているそう。これはまぎれもなく、意志や思考が入り込む前に、無自覚に直感で食べる物を選んでいるということ。
太りにくい食べものをどんどん視界に入れ、手にしやすい環境を整えて、自然と直感に働きかけるーー。
身体にいいものが「便利」で「魅力的」で「日常的」になることで、正のスパイラルが生まれます。
food image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
横向き&うつ伏せは老化の原因。「仰向け寝」でキレイが続く
細さと色気、両方叶える「ボディのメイク」
ノースリーブに合わせたい「ゆる結び」アレンジ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP