ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キース・リチャーズ、『メイン・オフェンダー』以来23年ぶりのソロ・アルバムをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ローリング・ストーンズのギタリスト、キース・リチャーズが、実に23年ぶりの3rdアルバム『クロスアイド・ハート』を9月18日に全世界で発売する。

 キースがスタジオ・アルバムを発売するのは、1988年の『トーク・イズ・チープ』、1992年の『メイン・オフェンダー』に続き3枚目。1988年にはライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・パラディアム』もリリースしている。

 新作『クロスアイド・ハート』は全15曲。キースは、エレクトリック/アコースティック・ギター、ベース、ピアノ、ヴォーカルを担当。楽曲の多くはキース1人、もしくはスティーヴ・ジョーダンとの共作/共同プロデュースとなっている。

 また、本作でキースは多数のアーティストとコラボおり、ソウルフルなバラード「イリュージョン」にはノラ・ジョーンズが共作/デュエットで参加。他にも、スタックスのソングライターでキーボード奏者のスプーナー・オールドハム、ペダル・スチール演奏者のラリー・キャンベル、『メイン・オフェンダー』にも参加したエクスペンシヴ・ワイノーズ(X-Pensive Winos)のギタリスト=ワディ・ワクテルらが参加している。

 キースとジョーダンによる共作曲で、アルバムからの1stシングルである「トラブル」は7月17日に解禁予定。キースは今回のアルバムの制作について「またスティーヴ・ジョーダンとワディ・ワクテルと一緒に仕事が出来て、とても楽しかった。何が出来上がるか、全く見当もなくスタジオに入るのは、本当に興奮するよ。もしトラブルを探しているのであれば、まさにここが最適な場所だよ」と語っている。

◎リリース情報
『クロスアイド・ハート』
2015/09/18 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

ストーンズ初来日から25年、ミック・ジャガーが日本語でメッセージを公開
北米ツアー中のストーンズ、ロン・ウッドが68歳、チャーリーは74歳に
ストーンズがアメリカ・ツアーをスタート! 6/10再発の『スティッキー・フィンガーズ』からも4曲演奏

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP