ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】μ’s 初のビルボードSGチャートNO.1、過去SG作との比較

DATE:
  • ガジェット通信を≫
【深ヨミ】μ’s 初のビルボードSGチャートNO.1、過去SG作との比較

 7月13日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”の1位は、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』からμ’s / 星空凛( CV.飯田里穂)、 西木野真姫( CV.Pile)、 小泉花陽( CV.久保ユリカ) 『Angelic Angel / Hello,星を数えて』が1位の座を掴んだ。

 このシングルは、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』挿入歌がパッケージされたもので、映画の大ヒットの後押しもあり実売セールスが8.3万枚。μ’sとしてはシングルチャートで初のNO.1作品となった。なお、8.3万枚の内、6.5万枚を店舗で売り上げており、映画を見たファンがそのまま店頭で購入したと予想される。

 前述の通り、今作はμ’sとしてはシングルチャートで初のNO,1作品となった。では、μ’sのシングル過去5作品の初週売上げデータを見てみよう。

2014年5月28日リリース『ユメノトビラ』4万枚
2014年6月11日リリース『Love wing bell / Dancing stars on me!』4.6万枚
2014年7月9日リリース『KiRa-KiRa Sensation! / Happy maker!』4.9万枚
2014年10月1日リリース『Shangri-La Shower』2.8万枚
2015年4月22日リリース『ミはμ’sicのミ』3.2万枚

 上記データを見ると『Angelic Angel / Hello,星を数えて』のセールス8.3万枚はかなりジャンプアップをしたことがわかる。様々なメディアで展開している『ラブライブ!』が着実にファンを増やし、8.3万枚の高セールスという結果を出したのであろう。ちなみに、映画の観客動員数は100万人を突破している。そして、劇場版からのシングル第2弾が7月8日、第3弾が7月15日と3週連続でのリリースとなっており、次週以降も『ラブライブ!』作品のチャートアクションに注目だ。

関連記事リンク(外部サイト)

【深ヨミ】人気声優・小野大輔 前作より初週セールス伸ばし4位に
THE NOVEMBERS今秋新作リリース& 全国12箇所を周るツアー【Honeymoon】開催決定
映画『SMTOWN THE STAGE-日本オリジナル版-』第1弾予告動画が到着、それぞれの想いや描く未来とは

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。