ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】人気声優・小野大輔 前作より初週セールス伸ばし4位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月13日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート “Top Albums Sales”では、小野大輔が1年10か月ぶりにリリースしたミニアルバム『Doors』が1.5万枚を売上げ4位に入った。

 小野大輔は、男性から女性まで幅広い年齢層からの支持を集める人気声優。代表作には、『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の空条承太郎役、『宇宙戦艦ヤマト2199』の古代進役、『進撃の巨人』のエルヴィン・スミス 役などが上げられる。また、自身名義のCD以外にも様々なキャラクターとしてのCDもリリースしている。

 前述の通り、『Doors』はリリース初週に1.5万枚を売り上げた。前回、同時にリリースされたミニアルバム『DOWN STAIRS』と『UP STAIRS』の初週セールをみてみると、『DOWN STAIRS』は9500枚、『UP STAIRS』は9700枚となっており、今作は前作よりも初週のセールスを伸ばした結果となった。近頃のめざましい活躍もあり着実にファンを増やしたということが推測させる。しかし、SoundScan Japanのセールスデータによると、『Doors』で4桁を売り上げている地域は、東京都の3300枚のみ。東京都以外でのセールスを伸ばすことが今後の課題とも言えよう。

 だが、小野大輔は、秋から放送されるアニメ『おそ松さん』への出演や2016年1月に日本武道館で2DAYSワンマンライブ【Unlimited Door】を開催するなど、今後も幅広く活動する予定だ。この勢いはこれからも続いていくとみられ、今後リリースされる作品はさらに売上げを伸ばすことが予想される。

関連記事リンク(外部サイト)

<連載 第11回>スパガ個別インタビュー:絶対的エースの覚悟と執念「“劣化した”とか言われてますけど」前島亜美の正念場
劇場版『ラブライブ!』がシングルチャート制覇、Kis-My-Ft2はアルバム首位、ワンオク/MIYAVIはさらに世界進出:今週の邦楽まとめニュース
音頭は日本のダンス・ミュージック、和モノDJ MIX第3弾リリース記念イベント開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP