ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

気づいて、その服「香害」レベルよ! #オネエ調べ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


アタシ、香水がだーい好きなの。就寝時はマリリン・モンロー気分で香水だけをまとって(つまり裸体ね)でベッドに潜り込んでいるほど。
でも、最も苦手なニオイもじつは香水。とくに他人から漂う、服にしみついて悪臭と化した「元香水」。あれって、本人たちは気にならないのかしら。明らかに「香害」なんだけど!

服についた香水は、他人を不快にさせる悪臭に!

香水がうっかり服についてしまうこと、あるわよね。
洗えるものだったらいいけれど、デリケート素材の衣類だったらジャブジャブとは洗えないし、「香水だしいい香りだから、ま、いいか」とついそのままにしちゃう人、いるでしょ。
でも、服についた香水のニオイは、汗やほかのニオイと混じったり、酸化したりして不快臭になるから、放置していては絶対にダメ。
ということで、クリーニング&おうちドライ洗い以外で、アタシが応急処置としてやっている「香水のニオイを取る方法」を紹介するわね。

蒸気でニオイ成分を「蒸し出す」

まずひとつ目は、スチームアイロンやお風呂の蒸気を利用して、ニオイを蒸し出しする方法よ。なぜこれが「ニオイ消し」に効果があるかというと――

1)蒸気の力により、ニオイ成分を熱と水圧で浮かせる
2)浮かしたニオイ成分と一緒に蒸気が揮発する

から。でも衣服によっては、スチームアイロンなどの熱でダメージを受けるものがあるから、アイロンがけがOKな服かどうかは必ずチェックするのよ。

風でニオイ粒子を「吹き飛ばす」

ニオイの元って、実は粒子だって知ってた? 蒸し出し作戦も同じ原理だけど、今度はもっと手早くそのニオイ粒子を「吹き飛ばす」作戦ね。
陰干しして風を通すか、または一気にドライヤーの温風で粒子を飛ばすと、服に染みついたニオイは消えるはずよ。

炭の力でニオイを「吸着」

木炭や活性炭などの「炭」が、消臭剤的な働きをすることは有名よね。それらと一緒に、ニオイが染みついた服を、収納ボックスかジップつき密封袋に入れてしばらく放置してみて。
そうすれば、炭が嫌なニオイ成分・粒子を吸着してくれるわ。もし、ニオイ分解・消臭機能がついた除湿器があったら、その側に服をかけて部屋干しておくのも効果ありよ。
どんなにセンスがいい服を着ていても、嫌な匂いがしたら誰も近づかないわ。これでもう、香害のまま街を歩くのは、やめてちょうだいね。
Fashion image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
まるでアート。おうち女子会に必須の #スイートジャー
「いたって普通」の私が「一流の女」になるには
あえてのオジっぽさ。NEXTフェスアイテム「スキットル」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP