ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

任天堂・岩田社長 胆管腫瘍のため逝去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

任天堂は7月13日、 代表取締役社長の岩田聡氏(55)が7月11日に胆管腫瘍のため逝去したと発表した。
これにより、同社の代表取締役は、代表取締役 専務取締役の竹田玄洋氏、代表取締役 専務取締役の宮本茂氏の2名になる。

【関連:作者死去のため絶筆となっていた『ゼロの使い魔』、続巻刊行決定】

岩田氏は、ハル研究所を経て任天堂に入社。2002年に代表取締役社長に就任し、2013年にはNintendo of America Inc.の取締役会長(CEO)にも就任。2014年6月に胆管腫瘍が発見され手術を受け治療中であることを公表していた。

▼代表取締役社長の逝去および異動に関するお知らせ(訃報)
http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2015/150713.pdf

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP