ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元手200万円で不動産投資始めた会社員 月200万円の利益実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アベノミクスがスタートして以降、日本株が高騰しているが、同じように資産価格が急騰しているのが不動産だ。個人でも不動産投資に挑戦する人もいるが、大きな資金を動かすだけにリスクも大きい。不動産投資で利益を出している人はどのような投資手法を採っているのか。ここでは不動産投資歴5年の紺野健太郎さん(36歳)が、自身の投資手法を解説する。

 * * *
 11年前、私がまだ25歳だったとき、仕事でお金持ちの人たちを見るたびに「どうしたらあの世界に入れるんだろう」と、いつかお金・時間・場所に縛られない自由な生き方をしたいと考えていました。当時の私はサラリーマンで年収も100万円台、貯金は50万円しかありませんでした。そんな普通の人間がお金持ちになるには、“お金に働いてもらう”仕組みを作ることが重要だと思ったんです。

 そこで、31歳のとき、貯めた200万円を元手にローンを組んで、神奈川県大和市の築24年のワンルームを1000万円弱で購入しました。ところが実際に運営してみると、家賃収入からローン返済、管理費・修繕積立金、固定資産税などを引くと手元には毎月2万円ほどしか残りませんでした……。

 さらに入居者が退去するときには修繕費がかかってくるし、入居者募集には広告料もかかる。これでは目標としていた月100万円の収入にはとうてい届かないし、セミリタイアなんて不可能だと気づきました。ワンルームマンション投資をする人が陥りやすいワナだったんですね。

 そこで狙ったのが、一棟モノです。例えば、横浜市西区にある木造1棟アパート。築48年と古いのですが管理は行き届いていて、家賃3万5000~5万円が10室、2000万円台で購入しました。満室なら月45万円の収入で、ローン返済は11万円、32万円ほどのキャッシュフローとなりました。

 不動産投資は、大まかにいえば、毎月の家賃収入とローン返済の差額で利益が決まります。金利や借入期間なども重要ですが、やはり大事なのは利回りです。高利回りの物件だと、まだ安く購入できる都心の築古木造アパートか入室が見込める郊外のRC物件が狙いどころと思ったんです。

 最近では、千葉県銚子市で鉄骨2LDK×15室(駐車場、倉庫つき)の物件を5000万円台で購入。家賃5万5000円で、ローン返済などを考えると月35万円が手元に残ります。

 今は居宅74室の他、駐車場と倉庫も運用し、毎月のキャッシュフローも200万円を超えるようになり、年間3000万円の手取り収入を得ることができるようになっています。また、著書も出すことができました。今後は、旅行者向けに宿泊施設を貸し出すサイト「Airbnb」なども活用して、もっと利益を積み上げていきたいと思っています。

【PROFILE】都内の築古木造物件や郊外のRC物件など、現在、居宅74室、駐車場29台、倉庫17室を運用する。今や年間3000万円の手取り収入を実現。著書『不動産投資で人生を変える! 最速でお金持ちになる絶対法則』(ダイヤモンド社)を刊行。

※マネーポスト2015年夏号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
地方都市には1000万円以下の不動産物件多く少額から投資可能
“不動産王”の異名の紳助 わけあり競売物件にも触手の過去
海外投資家 銀座や3A(麻布、赤坂、青山)などの不動産物色

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP