ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お金から自由になるために大切な「8つのこと」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
150704_8things-financial-freedom

お金。それを心配しなくなるだけで、思ってもみなかった自由を手に入れられるかもしれません。ミニマリズム(最小限主義)を提唱するサイト「becomingminimalist」の運営者Joshua Becker氏のお金から自由になるために大切な8つのことの記事を紹介します。
曰く、お金に困らずに生きるヒントは誰にでも実践できる些細なことでした。

150401_life-money-experiences1

「私がみんなと違うから、あなたは私のことを笑います。私は、あなたがみんなと同じだから、笑うのです」
— イギリスの探検家ジョン・デービス

お金のアドバイスは至る所に存在し、誰もが目にすることができます。でも、そういったアドバイスは全く役に立っていません。アメリカの平均的な家庭の多くが6,700米ドルのクレジットカードの負債を抱えていて、76%の人が家計はギリギリのところでやり繰りをしているのが現状です。
それを解決するのに必要なのは、「お金」でしょうか。確かにそれでカバーできることもたくさんあります。でも、本質的な問題解決のためには、むしろ逆の発想が必要です。ここでは、私が考えるお金から自由になるための方法を紹介します。

すべての人に当てはまるとは思っていません。家庭の状況はそれぞれ。でも、経済的自由を手にするためには必ずしも大金が必要ではない、ということです。

01.
買いたい気持ちより
必要性を考える

最初の家を決めるとき、銀行から融資を受けて上限ぎりぎりの家を選びました。新居は広々としていましたが、じきその支払いは大きな負担となっていきました。最初は13万5000米ドルのローンを組み、また良い仕事を見つけたら30万米ドルのローンを組み…。と、どんどん大きくなっていきました。
ちょうどその頃に、ミニマリズムという考え方に出会いました。そして2年前に新しい家に引っ越したのですが、支払いの負担は小さく、もっと他のことに情熱を注ぐ余裕ができました。

私たちに必要なのは、買うことのできる家ではなく、平穏に暮らせる家だったのです。特に大きな買い物をする時には、必要性を考えてください。

02.
車は現金で買う

私は車の購入の際にローンを組んだことがありません。それは財政面で正しい判断だったと感じています。注目されるような新モデルの車を持ったことはないけれど、後悔したことも不満に思ったこともありません。

03.
共働き夫婦の
片方は貯金する

150106_parents_30years_marriage

私と妻の両方が働いていた時、上司から素晴らしいアドバイスをもらいました。それは私の収入だけで生活をし、妻の収入はいずれ必要な時まで貯金しなさいというものでした。

彼が言った通り、それを実行した数年後、妻の貯金が家を購入する頭金になりました。妻が出産して子育てをする間、私の収入だけで生活できたのも、もともとそうしていたからです。

04.
年間数十万円の節約に
アルコールを避ける

私はアルコールをほとんど飲みません。それでは楽しく暮らせない、と思うかもしれませんが、節約にはなります。
アメリカ人の34%はアルコールを飲まない(体質や宗教上の理由から)という事実があるにも関わらず、アメリカ人全体では毎年約6兆円もの費用をアルコールに使っています。多くの家庭の財政を圧迫していることは確かです。
アルコールをやめて健康でいることは、将来的にも大きな節約になるのです。

05.
仕事は生きる喜び
引退しない

私の祖父は、92歳の今もフルタイムで働いています。私は彼から仕事の大切さを学びました。仕事は避けるものでも、できるだけ早く引退するものでもありません。生きる喜びなのです。
退職後のことだけを楽しみに働いているのだとしたら、それは見直すべき。働き続けることは、財政面でもメリットがあります。

06.
カードだと高額に!?
必ず現金で支払う

私たちは現金で支払う時より、カードで支払う時の方が高い金額を費やす傾向があります。これは、様々な調査から分かっていること。きちんと予算内で収めるためには、カードでなく現金で支払うべきです。この明らかな事実を知ってもいても、実行する人は少ないのです。

07.
心が満たされると、浪費が減る
収入の10%をプレゼント

th_shutterstock_273634976

人に与えることは、重要です。贈り物は、受け手以上に送り手にも満足感を与えてくれます。人に与えることで、人生の喜びを得ることができます。
いかに自分たちがモノを持ちすぎていたか、と気付くきっかけにもなるのです。どのくらい相手に与えることができるのかということを軸に考えてみませんか。経済的に自由になりたいなら、まずは収入の10%を与える習慣を始めましょう。

08.
危機感をあおる!
浪費家に家計を握らせる

私は高校の頃は、金融や会計の授業が大好きでした。そして、お金の管理については知識があります。
一方、私の妻は浪費家です。私はあえて、彼女に家計を管理してもらうことにしました。すると、少ない銀行口座の預金を見て、彼女は以前より慎重に買い物をするようになったのです。さらに、生活水準を下げないようにと懸命に働くことにもつながりました。
お金を稼ぐということだけが正解ではありません。これは私たち夫婦の場合ですが、思い当たる方はぜひ参考にしてみてください。

Licensed material used with permission by becomingminimalist

関連記事リンク(外部サイト)

お金持ちになれる人、なれない人。決定的に違う「10の習慣」
大富豪が「貧しい家庭」に息子を預けた結果・・・幸せってなんだろう?
薬物中毒を克服したライター。幸せになるための「16のメッセージ」が強い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。