ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホルモンから旨味があふれ出す至高のつけ麺 / ちっちょ極

DATE:
  • ガジェット通信を≫

horu2

特製ホルモンつけ麺
1150円

ラーメンやつけ麺にチャーシューは重要なトッピングだが、もしかするとホルモンにその地位を譲る日がやってくるかもしれない。それほど絶品なる「ホルモンつけ麺」が食べられる店が、東京渋谷にある。

・客の半数以上が欧米人
その店は『ちっちょ極』。閑静な住宅街にあり、ビルの一階でラーメン屋らしからぬ店舗。店内に入ると、厨房で男性がひとり、忙しくつけ麺を作っていた。「特製ホルモンつけ麺」の食券を買い、椅子に座る。外国人の客が多く、偶然かもしれないが、この日は客の半数以上が欧米人だった。

horu1

・プカプカと浮いているのはホルモン
美しく盛られた麺と具は素晴らしいが、いたって普通の見た目ともいえなくはない。汁は油分が多く、プカプカと浮いているのはホルモン。確認すると、5~6粒ほどのホルモンの塊が入っていた。

horu4

・ホルモンからにじみ出た旨味
さっそく麺を汁に浸して食べてみると、やや油っぽさを感じるが、ホルモンからにじみ出た旨味と麺のコシが楽しめた。しかしホルモンつけ麺としての本領発揮は、汁に浮かぶホルモンを食べてから知ることとなる。

horu3

・麺に濃厚なコクを与える
このホルモン、極めてウマイ! 食べた瞬間に放出されるホルモンの旨味は、焼肉屋でも、煮込み料理でも体験したことがない美味しさ。汁の味付けにより、ホルモンの旨味エキスが増幅されているのだろう。ふわっととろけるホルモンが、麺に濃厚なコクを与える。

・このホルモンだけ食べにきたい
この料理はつけ麺だが、あまりにもホルモンが美味しいため、このホルモンだけ食べにきたい気持ちになってしまった。できれば日本酒と一緒に食べたいものである。味は絶賛したいところだが、忙しすぎて接客のオペレーションが追いついていないようなので、そのあたりの改善は必要だと思われる。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/07/09/horumontukemen/

ちっちょ極
住所: 東京都渋谷区宇田川町37-18
時間: 11:30~16:00 17:30~24:00
休日: 無休
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13095954/

東京都渋谷区宇田川町37-18Google Mapで開く

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。