ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

渋谷で「極めて珍しい絶品なる鶏焼肉」を堪能する / 鬼亭

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ささみのワサビ焼き
850円

焼鳥といえば、串に鶏肉を刺したものをイメージするが、今回ご紹介する『鬼亭』は完全に焼肉スタイルの焼鳥専門店。美しく盛られた鶏肉の艶やかな雰囲気が、食べる前から私たちを魅了する。

・極めて珍しい優良店
串に刺さっていないだけで、ここまで別の料理になるものか。そう感じるほど別次元の鶏焼肉を堪能できる、極めて珍しい優良店といえよう。

・ひとつの部位を複数の味付けで注文
メニューはとてもシンプルで、あらゆる部位を、あらゆる味付けで堪能する。ささみにしても、マヨネーズだったり、わさびだったりと、その味付けは多種多様。ひとつの部位を複数の味付けで注文すると、食べ比べができて楽しい。

・黙って焼いてもらうのが良い
複数の鶏肉を注文すると、美しく盛られた大皿にまとめてテーブルに出される。店員の女性は非常に親切で、どうすれば美味しく焼けるか、いろいろと説明してくれる。ときには、店員がせっせと焼いてくれることもある。まず慣れないうちは、黙って焼いてもらうのが良いかもしれない。

・この店で食べるべき鶏肉
ここの鶏肉は、どれもジューシーで旨味がたっぷり。弾力を楽しむなら? 柔らかさを楽しむなら? とにかくわからなかったら店員に聞くべし。「この店で食べるべき鶏肉」をすべて熟知している。

・ほどよく焼いてワサビで食べる
なかでも「ささみのワサビ焼き」は強く推奨したい。基本的にささみは肉汁が少なく、旨味成分も比例して少ないのだが、ここの「ささみは別物」と思っていい。色っぽい生のささみを網にのせ、やや長めに焼く。表面が焼けて網目がついたら裏返し、ほどよく焼いてワサビで食べる。

・んとも素晴らしい鶏肉の焼肉店
このささみ、焼くことによってプリップリにふくらみ、食べればフワッとした食感とともに肉汁があふれ出すのだ。そこにワサビが追い討ちをかけるかのごとくキュンと引き締まる爽快感を与える。なんとも素晴らしい鶏肉の焼肉店だ。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/07/12/onitei/

鬼亭
住所: 東京都渋谷区渋谷1-9-4
時間: 18:00~23:30
休日: 日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13003491/

東京都渋谷区渋谷1-9-4Google Mapで開く

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP