ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】現役財務官僚・芦崎笙氏が描く『公器の幻影』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者に訊け】芦崎笙氏/『公器の幻影』/小学館/1600円+税

 主人公は東西新聞社会部記者〈鹿島謙吾〉。彼が昭和2年の金融恐慌当時の紙面を繰りながら、結果的には取り付け騒ぎや連鎖倒産の引き金を引くことになった往時の記者に思いを馳せるシーンがある。〈そのような事態を惹き起こすかもしれないという緊迫感と、しかし実態は実態としてありのままに世の中に伝えるべきという使命感と、記者である以上は誰よりも先に書きたいという功名心と〉──。

 芦崎笙(あしざき・しょう)著『公器の幻影』は、現役財務官僚の横顔も持つ著者にとって3作目となる長編社会派小説。福岡の地方紙から大新聞に移り、〈大物政治家の不正を追及してクビを取ってみたい〉と言って憚らない敏腕記者を軸に、先輩記者〈忠内〉や、憲政党政調会長〈吉住英三郎〉らの間で交錯する各々の正義と野心を描く。

 そのような事態とは、今回は約10年ぶりに審議が再開した臓器移植法改正の行方。増えない国内ドナー、海外での移植に望みを託す患者たち、渡航移植の制限に傾く国際世論の中でペンの力はどう作用するのか──。

 昨年、日経小説大賞受賞作『スコールの夜』で作家デビューした芦崎氏の現職は、財務省大臣官房審議官(関税局担当)。自身、TPP交渉等、難しい案件を扱う中では、「書かれたくないことを書かれたくないタイミングで書かれた」ことも。

「もちろんメディアが使命を果たしてこそ国民の知る権利は保障されるわけですし、ある記事が出たことで大臣の想定問答を用意するために僕らが休日出勤する苦労は別に構わない(笑い)。ただ、その良かれと思った行為が国益を損ねる場合もあるし、特に臓器移植ともなればいつどんな記事が出るかで審議の行方や患者の命すら左右しかねない」

 物語は地方紙勤務時のスクープで名を上げ、東西新聞に転じた謙吾が、西安を舞台とした刑務所ぐるみの移植ビジネスに関して地元医療センターの移植部長〈曹偉〉に接触するシーンから始まる。曹は疑惑を否定したが、折しも中国国内では政治犯の臓器が移植に回されたとするネット記事が問題視されていて東西新聞にも親中派の議員を通じて圧力がかかる事態に発展。

 幸い上層部は圧力に屈せず、彼の記事は晴れて一面を飾るが、問題はその後だ。吉住らは中国政府の横槍をむしろ好機と捉え、成立から10年以上放置された臓器移植法の改正を、今国会の会期延長の〈埋め草〉として利用しようと考えたのだ。

 内閣支持率が低下する今、解散総選挙に持ち込まれれば憲政党は確実に負ける。これを防ぐには会期を引き延ばす他なく、野党もむげにはできない移植法改正はまさに格好の案件だった。

「埋め草というと言い過ぎかもしれませんが、2009年の政権交代の直前には早く選挙をしたい野党が審議に協力して次々に法案を通し、解散を遅らせたい与党が必死に案件を探す状況が報じられた。むろん本書はフィクションですし、実際の改正とは経緯を変えていますが、こういうタイミングで移植法の改正を持ち出してくるのもあり得なくもない話だと思います」

 一方謙吾は忠内の紹介で拡張型心筋症の少年〈古川智也〉やその母親と会い、渡航移植に望みを託す患者の生の声を聞く。改正前の法律では15歳未満の臓器提供は実質禁止されており、智也の渡米費用1億円超も忠内のキャンペーン記事のお陰で集まったのだ。

 が、昨今はこうした渡航に批判が高まり、WHOも禁止へと動く中、母親は言った。〈私が智也に一日も早く移植手術を受けさせたいと願うことって、ドナーの方に一日も早く死んでくれと祈っていることになるんです〉〈親たちの間では『悪魔の囁き』ってひそかに呼んでます〉──。

 むろん難病に苦しむ当事者は何を思ってもいい。が、臓器移植の問題は生死の一線をどこで引くかという難題を第三者につきつけ、まして謙吾は改正推進派の吉住のクビを取る特ダネを握ってもいた。

 それを書けば推進派は叩かれ改正案は廃案に追い込まれるが、移植を待つ患者はどうなるのか。忠内は民意への影響を忖度するのが記者の責任だと言うが、それこそ〈マスコミのおごり〉だと謙吾は思い、実は考え方が根本的に食い違う2人の姿を、氏は謙吾の元恋人〈綾〉との三角関係も絡めて対照的に描く。

「普通なら忠内を主人公にして、謙吾を悪玉に書くんでしょうけど…。しかし現実は善悪なんて判然としないし、身勝手な功名心や私利私欲が良くも悪くも社会を動かす原動力になっているのも確かだと感じます」

 そもそも善悪や生死などその殆どがグレーゾーンにある世の中に、法や制度で一線を引くこと自体に無理があると芦崎氏は言う。

「日本人の感覚からすると、脳死を人の死とすることに抵抗がある人も多いだろうし、特に臓器移植の場合は亡くなる人のための医療が生きる人のための医療へと切り替わる瞬間があって、その手続きを亡くなる側がさせられたり、制度矛盾のしわ寄せが結局は患者や遺族に押しつけられている。

 生活保護も不正受給者を前提にすると本当に困っている人に支給できない。社会全体が納得しうる線を引くべく日々悩んでいるからこそ小説では善悪を曖昧にしたくなるのかも(笑い)」

 読み終えた後、人は自分の行為にどこまで責任をもつべきかという問いが胸に残る。それは記者や役人に限らず、全ての仕事人につきつけられた問いでもあろう。

【著者プロフィール】芦崎笙(あしざき・しょう):1960年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、大蔵省入省。税務署長、マレーシア大使館、金融庁、内閣官房勤務等を経て、現在は財務省大臣官房審議官。日経小説大賞の第2回、第3回と最終選考に残り、2014年に第5回大賞受賞作『スコールの夜』でデビュー。「以前は家族にも内緒でコソコソ書いていたんですが、今では“小説も書く人”として職場でも受け入れられています(笑い)」。著書は他に『家族計画』。180cm、60kg、O型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
6才未満の子供からの臓器移植 難しかった理由を医師解説
米の臓器移植 カネの力で優先させる日本人対策で費用が上昇
心臓移植を待つ身だった4歳女児が「臓器提供者」になるまで

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP