ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏のコンビニアイスはワンハンド型が流行 評論家推奨の逸品7

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 梅雨が明けたらアイスが美味しい季節の到来! 近ごろはネットでも話題にのぼり、ガリガリ君の梨味やハーゲンダッツが和風で展開した華もちシリーズのように、発売すぐに品切れになってしまう商品も。新商品の入れ替わりが速いコンビニアイスで今、食べ逃したくないアイスって!?

 チョコレート系やスイーツ感覚の商品が展開される秋冬と違い、氷系が揃う夏。この夏は「ワンハンドで食べられる、ちょっと高級なフルーツ系のアイスバーがトレンドです」と、アイス評論家のアイスマン福留さん。

 コールド・ストーンやパレタスといったショップのカラフルなアイスキャンディーが流行っているが、その流れがコンビニアイスにもきているという。

「ちょっと高級感のある商品が増えてきていますね。これまでに発売されている『ベリジュ』や『フルーティーズ』も200~300円と今までのアイスよりも高めの価格帯ですが、最近売れています。ショップ系アイスの流行で、フルーツが透けて見える、見た目もかわいいタイプがすごく流行っていますよ」(福留さん)

 アイスの形状はカップやモナカ、スティックバータイプなどさまざまあるが、その時代、時期に流行る形状があるとか。

「昭和の時代には、例えば『赤城しぐれ』のようなカップかき氷や、『パピコ』に使われているようなブロー容器といったタイプが流行ったり、時代によってアイスの形にも流行があるんですよ。今年、確実に流行るのが、片手で食べられるワンハンド型です」

 この夏の「味」は、スイカがきていると福留さん。定番の『スイカバー』だけでなく、『ガリガリ君』、『爽』からも出ており、コンビニにスイカ味のアイスが多数並んでいる。ロッテの『爽』は、塩をかけて食べることを提案しているところも面白い。

 では、プロがおすすめする「今食べたいアイス」とは? 福留さんの7選をご紹介。

■「果実のご褒美」245円/ローソン
「果実が透けて見えるフルーツバーで、ワンハンドで食べられて、まさにトレンドを形にしたアイスです。りんご果汁をベースに、中にオレンジ、りんご、いちご、ぶどう、4種類のフルーツが入っています。果汁、果肉を68%使って果肉ぎっしりと贅沢。中でも輪切りオレンジが透けた見た目もすごくかわいい。ショップ系で売っていそうなビジュアル。こういう派手さのあるフルーツバーは、今までのコンビニアイスにはない新しさ。見た目も楽しめます」

■「ガリガリ君リッチ ほとばしる青春の味」130円/赤城乳業
「ヨーグルト系のアイスって人気なんですけど、これはレモンヨーグルト味。外側はレモン風味のアイスキャンディー、内側にはヨーグルト味の甘酸っぱいかき氷、中に入っているラムネ菓子がアクセントになっていて、カリッとする食感もいい。『ガリガリ君』のリッチシリーズって、『チョコチョコチョコチップ』とか濃厚な味が多いですが、珍しく夏仕様のフレーバーです」

■「クリスピーサンド マスカルポーネエスプレッソ」294円/ハーゲンダッツ ジャパン
「夏限定フレーバーで、マスカルポーネチーズを使ったバニラアイスです。マスカルポーネの風味がしっかりしています。そこにちょっと苦めなエスプレッソソースが中に入っていて、その甘みと苦みのバランスがよく、クリスピーサンドのウェハースもサクサクなので、アイスではないスイーツを食べているような美味しさ」

■「ミルクティーもちもなか」185円/セリア・ロイル
「もちもなかシリーズの最新フレーバーです。もなかの中にホワイトチョコのコーティング、ミルクティー風味のアイス、タピオカに見立てた黒つぶ餅が入っているんです。餅の食感とミルクティーの濃厚な味のアイスの相性がいいです。ファミリーマートで買えます」

■「パピコ ミックスフルーツ」140円/グリコ
「パピコの定番の味『チョココーヒー』の他に、今出ているのが『ホワイトサワー』と『ぶどうのスムージー』。それ以外に、数量限定のレアパピコという形で出ています。『さくらんぼ』との2種類ありますが、『ミックスジュース』がおすすめ! フルーツオレみたいな味で、微細氷の食感とねっとり感が美味しいフレーバーです。個人的にも好みでイチオシです」

■「みかん氷」149円/セブンプレミアム
「輪切りのスライスレモンが乗ったかき氷『サクレ』を作っている栃木県のフタバ食品が作った商品です。みかんの果肉がごろごろ乗った“みかんの缶詰”っぽいかき氷です。果汁、果肉を28%使っていて、シロップや果実系の氷の食感が爽やか。最後の方は溶けたシロップを飲みたくなる。懐かしさを感じるアイスです。去年発売した時は240mlのビッグサイズでしたが、リニューアルで少し小さく食べやすくなりました」

■「ホームランバースペシャリテ 太陽のチーズケーキ」172円/協同乳業
「『ホームランバー』がパティシエシェフと初めてコラボした商品で、辻口博啓シェフと作っています。『ホームランバー』というと、銀紙でくるんだ四角いバニラアイスが定番ですが、『太陽のチーズケーキ』は形も味も予想を裏切ります。マンゴーソースが入ったチーズケーキアイスにパッションフルーツのシェルを組み合わせ、今までとは全く違う、トロピカルな味わいが楽しめます」

 コンビニアイスは回転が速く、2週間単位で新商品はめまぐるしく回転していく…。年間通して買える品は限られているというので、食べ損ねないように。食べ過ぎてお腹を壊さないように、こちらもご注意を!


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
猛暑で絶好調だったガリガリ君 地元で地域貢献していた
フルーチェで作る 夏のさっぱりいちごアイスキャンディー
金子哲雄氏 ソニーは『ガリガリ君』のブランド戦略から学べ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。