ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今まで誰も口にださなかった、海外で暮らす「5つのデメリット」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外で暮らしたら、楽しそう。漠然とそう思ったことがある人も多いのでは?
でも現実は、楽しいことばかりではないかもしれません。ドイツ、ベルリン在住のジャーナリストManon de Heus氏が「Elite Daily」に寄稿した記事では、海外暮らしのデメリットをまとめています。その暮らしから得ることも多いですが、その分失うこともあると彼女は語ります。

私は10年の間に、5つの国に住みました。その経験から、どんな教育や自己啓発本からも得られない、愛と恐怖、そして人生について学びました。

今まで自分が信じていたすべてのものから遠く離れた土地で生きることは、何よりも強烈な体験でした。海外に移住している人なら、共感してくれる人も多いはずです。
彼らはその経験があなたの視野を広げ、人生において本当に大切なことを教えてくれると言うでしょう。でも、あまり口には出さないけど、これまでに寂しさや孤独、罪悪感を味わってきたことも事実。海外移住は、おとぎ話のように甘いものではありません。

01.
国を去る時に
愛する人を悲しませる

あなたが海外にいく理由をどんなに繕って説明しても、それは利己的な判断にすぎません。夢を選び、憧れの生活を手に入れて幸せになるのはあなただけかもしれません。
あなたが素晴らしい家族や友だちに囲まれていたなら、彼らは自分の気持ちを隠して「あなたが満足なら、私も幸せよ」と言ってくるでしょう。決して疑問や不安の言葉は、口にしないはず。

私がロサンゼルスに旅立つ時の、両親の顔を今でも思い出します。これから始まる冒険に思いを馳せ、自分のことばかり考えていたので、彼らの痛みには目を向けていませんでした。でも、あの日の空港で、今までに見たことのないような両親の悲しい目を見ました。そこでやっと気が付きました。私の冒険は、彼らを苦しめるものだったのです。

02.
大切な人の大事な瞬間に
そばにいられない

ロサンゼルスに到着して2ヵ月が経った頃、仲の良い友だちが重いガンの宣告を受けました。私は電話やメールでなるべく寄り添うよう試みましたが、本当に彼女が必要としているのは、抱きしめてあげること、泣いている時に肩を貸してあげることだということを知りました。
私のおばあちゃんが階段から落ちて入院している時にも、寂しい思いをさせました。病室から電話をしてきて、「私の可愛い孫よ、一体いつ来てくれるの?」とさえ言われたことも。

私は大切な人が辛い時に、そこにいてあげられませんでした。そして彼らが笑顔の時にすらそこにいてあげられなかったのです。この数年の間に、家族の誕生日、ベビーシャワー、友だちの結婚式といったイベントのほとんどを欠席しました。
国を跨いだ移動は、時間とお金がかかるのでそんなにたくさんできません。大切な人に会いたい時、あなたはどのような選択をしますか?そして、どのように優先順位をつけますか?

03.
新しい仲間に囲まれても
常に深い孤独を感じる

私は幸運なことに、いつも素晴らしい人々に囲まれていました。それでも、今までに味わったことのない深い孤独を感じていました。

アメリカで過ごしたクリスマスのことは、決して忘れません。私は3週間前に出会った友だちとその家族と過ごしました。彼らはとても優しくしてくれましたが、私は同情心から招待されたことを知っていました。どうしても慣れない気持ちがありました。
海外に移住すると、楽しくて素晴らしい出会いがある一方、意味のある関係を築くのには時間がかかります。それはまるで、大学に入りなおしているかのようです。それも、愛する人から離れ、遠い国に一人でいる状況で。

04.
自分探しのはずが…
本当の自分を見失う

海外に移住することで、想像以上に私は変わりました。今までは当たり前すぎて気づかなかったような、大切なものを発見しました。同時に、ちょうど疑問に思っていた考え方や固定概念などは捨てました。これらはいい変化でしたが、同時に私は故郷に電話することを徐々に遠ざけるようになりました。

海外に住むと、以前のようには暮らせなくなります。どうにかその隙間を埋めようと、新しい国で新しい家を見つけます。しかし、新しい家にはどうしても馴染めず、努力しても100%自分らしくなれないことに気づきます。それは私が今まで出会った、すべての旅人に共通していたことでした。
あなたの家はどこですか?どこで年をとりたいですか?そういった質問に答えることができず、彼らは再び移動するのです。かつて離れたかったはずの、家の感覚を探し続けているのです。

05.
あれほど仲の良かった
大切な友だちを失う

そう簡単に失われることは決してないと思っていた、幼稚園からの友だちとも疎遠になるでしょう。
1~4で挙げた理由が、大好きだった友だちとの関係性を変えてしまいます。いい関係が続くこともありますが、ほとんどそうはいきません。
あなたは新しい友だちとの付き合いが忙しいので、あれほど仲が良かった友だちの誕生日すら忘れてしまうでしょう。あなたが友だちの独身パーティーではなく、お父さんの60歳の誕生日パーティーを選んだら、友だちはあなたを責めるでしょう。

もしあなたが頑張って、より多く彼らに会うことができても、好意を取り戻すことができるのはその時だけ。間違った選択をすれば、関係は壊れていきます。でも簡単に済ませられることではありません。友だちを失うということは、あなた自身とあなたの思い出の一部を失うことになるのですから。

さて、海外に移住する決心はつきましたか。海外で暮らすライフスタイルを選択して、後悔しそうですか?
あなたの挑戦には、大きな報酬とともに、多くの犠牲がつきものだということを忘れないように。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連記事リンク(外部サイト)

家や所持品をすべて売り払い、ボートで旅に出た夫婦と一匹の猫。その写真にほっこり
大富豪が「貧しい家庭」に息子を預けた結果・・・幸せってなんだろう?
世界中で話題!心理学者による「20代へのメッセージ」に、幸せに生きるヒントがあった

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP