ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「社交辞令だろ」と思う言葉TOP10

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ビジネスシーンの潤滑油として飛び交う「社交辞令」。大人のお約束としてわきまえておきたいところだが、時には「嘘っぽいなぁ…」と思ってしまうことも。そこで、「最もよく使う社交辞令」と「一番嘘っぽい社交辞令」について、20~30代の会社員224人(男性112人、女性112人)に調査した。(協力/ファストアスク)

【もっと大きな画像や図表を見る】

■よく使う社交辞令TOP10
(22の選択肢のなかから、4つまで回答)

1位 「参考にさせていただきます/参考になります」21.4%
2位 「勉強になります」21.0%
3位 「また近いうちにお会いしましょう」19.2%
4位 「前向きに検討します」18.8%
5位 「今度飲みに行きましょう/飲みに連れていってください」18.3%
6位 「ご一緒できて光栄です」17.4%
7位 すべて使ったことはない 16.1%
8位 「何かあれば(お役に立てそうなことがあれば)お気軽にお声掛けください」13.8%
9位 「またお仕事ご一緒させてください」12.9%
10位 「近くに来たらいつでもお立ち寄りください」12.1%

社会人なら一度は口に(&耳に)したことがありそうなフレーズがズラリ。こんなセリフがスムーズに口から出るようになったら、一人前の社会人…といえるのかも?

しかし、やはり社交辞令は相手にそれとわかってしまうことも多いもの。そこで、言われる側に立った時に「嘘っぽいな=これは社交辞令だな」と感じるフレーズについて尋ねたところ、次のような結果になった。

■言われると「社交辞令」だと感じるフレーズTOP10
(22の選択肢から1つを選択)

1位 「一度(ずっと)お会いしたいと思っていました」13.4%
2位 「今度飲みに行きましょう/飲みに連れていってください」12.5%
2位 「前向きに検討します」12.5%
4位 「近くに来たら、いつでもお立ち寄りください」8.0%
5位 「もうお帰りになるんですか。残念だな」7.6%
6位 「お噂はかねがね伺っています」5.8%
6位 「また近いうちにお会いしましょう」5.8%
6位 「さすが○○さんですね」5.8%
9位 「ご一緒できて光栄です」4.9%
10位 「お若いですね/お若く見えますね」4.0%

1位の「ずっとお会いしたいと思っていました」に対しては、「不自然」(25歳・女性)、「社外に自分の評判が伝わっているとは思わない」(29歳・女性)など、「嘘くさい」という意見が多数。

また、2位の「飲みにいきましょう」には、「(そう言われて)行ったことがない」(39歳・男性)、「自分自身が社交辞令でよく使う」(32歳・女性)などの実体験が。同じく2位の「前向きに検討します」には、「断りきれないときの常套句」(39歳・女性)といった意見が寄せられた。

このほか、4~10位の理由は以下のとおり。

【4位「近くに来たら、いつでもお立ちより下さい」】
「実際自分がこられたら迷惑」(22歳・女性)

【5位「もうお帰りになるんですか。残念だな」】
「仕事上では、この言葉は社交辞令としか受け取れない」(31歳・女性)

【6位「お噂はかねがね伺っています」】
「どんな噂をされているんだと逆に不安になる」(29歳・女性)

【6位「また近いうちにお会いしましょう」】
「期限の定めの無い大人の“いつか”は、永遠に来ない」(25歳・女性)

【6位「さすが○○さんですね」】
「言われる時の感情がこもっていなかったから」(29歳・女性)

【9位「ご一緒できて光栄です」】
「よく聞く言葉だから」(25歳・男性)

【10位「お若いですね」】
「無難でだれでもうれしい言葉」(23歳・女性)

明らかにお互い「本音ではない」とわかっていても、ビジネスシーンでは欠かすことができない社交辞令。大人のビジネスマンには、やりすぎに注意しつつ上手に本音と建前を使いこなす“暗黙のルール”が求められているようだ。
(有栖川匠)
(R25編集部)

「社交辞令だろ」と思う言葉TOP10はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

初対面で信用されない話し方TOP10
「大人力不足」1位は「顔に出る」
日本語で言え!不快カタカナ語1位
「男が喜べない褒め言葉」1位は?
理不尽上司との上手なお付き合い術

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。