ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットの老後 老犬ホームは月額4万円、個別葬儀は3万円から

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 老人ホームならぬ「老犬・老猫ホーム」がある。東京ペットホームの渡部帝・代表が語る。

「種類別の寿命から現在の年齢を引いて推定余命を算出し、その年数分の金額を入居時にお支払いいただきます。

 たとえば小型犬は月額4万円(注/体重5kgまで。15kgまでの中型犬は6万円、それ以上は応相談となる)なので、余命があと2年と見込まれる場合は96万円の費用をいただきます。

 長生きした場合は追加費用はいただかず、逆に早く亡くなれば返金しています」

 なお、猫は月3万円で預けられる。

 別れの時にもお金はかかる。たとえば宗教法人・慈恵院(東京・府中市)では、犬・猫の場合、合同葬儀で1万4000円~、個別葬儀は3万円~だ。

 ペットのための墓を建てる人も多いが、中には1000万円以上もする墓を建てたケースも。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
家族を丁重に見送ると葬儀代・墓代には全部で500万円かかる
首都圏の葬儀費用は平均256万円で近畿地区より40%高い
犬の七五三祝い 人間に換算すると47歳・39歳・27歳になる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP