ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヨルタモリの魅力「大人の贅沢な時間ある」とメディア専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・湯島辺りにあるバー『ホワイト レインボー』で、毎週日曜日深夜、ママ(宮沢りえ、42才)とタモリ(69才)とゲストが愉快な宴を繰り広げる。その30分間の宴を放送する番組が『ヨルタモリ』だ。

 毎週欠かさず見ているという、上智大学教授(メディア論)の碓井広義さんは言う。

「お店を舞台にしたトーク番組は少なくない。でも、この番組に出るゲストは、他では一切しない話をしたり、他では見せない表情をしたりする。例えば、沢尻エリカさんはアイスランドに行ってオーロラを見たという話をしていました。そういう意外な面を見られるのは『ヨルタモリ』だけです」

 その雰囲気を作っているのがタモリと宮沢りえだ。

「『笑っていいとも!』では受け手だったタモリさんが前面に出て楽しんでいる。1980年代、タモリさんが音楽やコントをしていた番組『今夜は最高!』(日本テレビ系)を彷彿とさせます。軽く一杯飲みながら、見ていられる。大人の贅沢な時間です」(碓井さん)

「宮沢りえが素晴らしい。いろんな人生経験があってそれを隠さずに話してくれる。男性の理想とするバーのママそのままです。

 かつて貴乃花親方(42才)と婚約解消した過去を持つ彼女が、石橋貴明(53才)がゲストのときに『こっちのタカにしときゃよかったのに』と言われて、照れながら爆笑していた。酸いも甘いも経験したすごくいいママです」(コラムニストのペリー荻野さん)

 毎週ひょいと突然やって来るゲストとの絡みはもちろん、その間に流れるコーナーも『ヨルタモリ』の魅力のひとつだ。いくつか紹介しよう。

 生演奏をバックに、外国人歌手に扮したタモリが、いかにもそれらしいデタラメな外国語で歌い上げる。

「タモリさんがサルサやったりレゲエやったりするコーナーです。例えば、カルロス・カズヨシ・ロドリゲスとかおかしな名前を名乗って、実際に歌ったり踊ったりします。すごいチープなかつらでタモリさんはやっているのに、音楽のレベルは高い」(ペリーさん)

『世界の車窓から』(テレビ朝日系)のパロディー。取り上げる路線は地下鉄。毎回地上駅から発車するものの、すぐに地下にもぐり、真っ暗な車窓をタモリが解説する。

「電車はタモリさんの趣味のひとつです。東西線の回では、中野駅から落合駅の間は、初めは外の景色が見えているけど、地下に入っていく。それを、もっともらしいナレーションをつけて、真っ暗な車窓を見せ続けて笑わせるって、こんなおもしろい遊びはない。一瞬、放送事故かと間違えるくらい、画面が真っ暗になります(笑い)」(碓井さん)

『視点・論点』(NHK)のパロディー。鉄道駅の始発駅・終着駅に焦点をあて、終着駅への思いをタモリが語る。

「いかにもマニアックで、鉄道マニアが喜びそうなコーナーです。京急線の三崎口駅の場合は、路線が先に続いていて、トンネルまで造られているにもかかわらず、諸般の理由で計画が中止になったというナレーションが入ります。本来終点になるはずではなかった駅の車止めを、タモリさんがドラマティックに解説するのがおもしろい」(碓井さん)

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最終回翌日も「いいとも」打ち上げ開催 ローラ「タモタモ~」
600名参加いいとも打ち上げ タモリに挨拶するための大行列
草なぎ剛 タモリが稲垣に高級ワイン開け「オレにも」と嫉妬

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP