ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美魔女と呼ばれる美容皮膚科医若さの秘訣はベリーダンス

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 年齢を感じさせない姿に、美魔女医と呼ばれる田中病院院長・美容皮膚科医の田中優子さん(63才)。彼女の若さの秘訣は、ダンスだ。

「黙々とやる筋トレは大嫌い! だからダンスに筋トレ要素を取り入れ、体力づくりに励んでいます。フラメンコは10年、ベリーダンスは3年続けています。アラビアムードたっぷりの音楽に合わせて毎日エクササイズを欠かしません」(田中さん・以下同)

 運動や食事だけでなく、ハイヒールやタイトな服で常に美を意識するのは、年に1度のイベントのためだ。

「毎年1月に自分の誕生日会を開き、そこでプロと一緒にダンスを披露するのが恒例に。毎年“来年はやめよう”と思うのですが、周りから期待の声をいただき、しぶしぶ準備を始めて、いつの間にか夢中になるということを繰り返しています。人前で踊るからには、衣装が似合う体形でいたい。体幹が弱るとタコ踊りになって見苦しいんです(笑い)」

 仕事で出張も多く、ハードな毎日を送る田中さんは、疲労がたまったら、ビタミンやプラセンタを注射し、夜はよく眠るために、アラビアン体操が欠かせないそう。

「楽しい気持ちを保ちながらセルフケアが基本ですが、出張時にはプロのマッサージを頼むこともあります」

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる
TBS局内で異変「田中みな実を社員時代より見かける」の証言
カーヴィーダンス・樫木裕実さんのプライベート年賀状を公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP