ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国の衝撃的な犬食事情 「毎年1000万匹を消費」との報道も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 食文化を語ることには一定の難しさが常にあるものだが、何とも言葉にし辛い数字が出た。中国の情勢に詳しい拓殖大学教授の富坂聡氏が指摘する。

 * * *
 2015年6月18日、中国で最大発行部数を誇る『参考消息』が中国の“犬食事情”を衝撃的な写真とともに報じた。

 記事のタイトルは〈中国国内で毎年消費される食肉用の犬は1000万匹に達する〉である。

 同紙は海外メディアが報じた内容を翻訳して記事を掲載するのが基本のスタイルだが、これは独自のレポートである。きっかけは非営利団体のアジア動物基金会(以下、基金会)が問題を告発したことだ。

 基金会は大型の犬牧場があるとの噂を聞きつけて中国国内の8省、15市・自治州を自らの足で実地調査したという。その結果、いわれているような施設はなかったものの、比較的大型の施設があったのは山東省済寧市嘉祥県だった。

 また基金会は中国には祭祀の一つの形として伝統的に犬肉を食する民族や地域があるとして、その代表例に6月21日の広西チワン自治区の玉林狗肉祭りを挙げている。

 衝撃的なのはタイトルにもある数字だ。不完全な統計としながらも、年間1000万匹が殺されているという。「食は文化」とはいうものの、やはり聞いていてあまり気持ちの良いものではない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ハーバード大で中国人支援奨学金設立も「邪道だ」と疑問の声
辛亥革命100年の中国 おばあちゃん顔の“黄河の娘”騒動勃発
中国の朱鎔基・元首相 著作印税7億6000万円を慈善団体に寄付

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP