ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新「バットマン」単独映画、ベン・アフレックが監督・主演・脚本に!期待が高まりまくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年公開の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でバットマンを演じるベン・アフレックが、今後製作されるバットマンの単体映画で監督・脚本・主演を務めることが明らかになった。

脚本に関しては、DCのチーフクリエイティブ、ジェフ・ジョンズとの共作となる。二人は既に脚本の中身について話合いを重ねており、今年の夏中にドラフトを仕上げる予定だそう。その後、ベンはいったんデニス・レハーンの小説『Live By Night』の映画化監督に集中するという。

監督としての手腕は、『アルゴ』などで実証済のベンであるため期待も高まる今回のニュース。バットマンソロ映画は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、そして2017年予定のスーパーヒーローたちが集結するアンサンブル『ジャスティスリーグ』の後、製作が開始されるとのことだ。

https://youtu.be/nemRpBbO3_I

■参照リンク
http://variety.com/

関連記事リンク(外部サイト)

バットマンがジョーカーを追跡する映像が流出!?映画『スーサイド・スクワッド』
仕事早すぎ!LEGO(レゴ)版の映画『バットマン v スーパーマン』予告編もカッコよすぎる
『リスボンに誘われて』は人生の迷子になっちまった野郎どもに捧ぐ映画だ!
キアヌ・リーブス「ぼっち姿」を超えた? ベン・アフレック版バットマンのコラ画像が祭りに
『バットマンVSスーパーマン』ベン・アフレック版バットマンが初解禁、ネット上で大絶賛

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。