ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の不思議な植物!おしゃれインテリアにもなるボトルツリーって?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Nalumi Uchiyama「「ウルトラ植物博覧会」in銀座

こんにちは! TRiPORTライターの内山成美です。
世界各地を旅をしながら仕事をしている人は数知れず。その中でもユニーク、そして数少ない仕事のひとつに「プラントハンター」という仕事があります。その仕事で様々な植物を輸入している西畠清順さんという方がいます。今まで日本に来たことのない多くの植物の輸送を成功させてきた方です。

その西畠さんでも、輸送にすごく苦労したというオーストラリア産の木がこちら↓

ボトルツリーです。日本では”ツボノキ”とも呼ばれており、アオギリ科ブラキキトン属の植物。なんともユニークなカタチですね。小さいものはおしゃれなインテリアとして愛用されることもあります。この植物、幼木のうちは細くひょろっとしているのですが、年月を重ねるとともにこのように根本がぷっくりした姿に育つとのこと。まるで人間のようですね! 葉はコアラが食べるユーカリのように細く、樹皮はざらざらしています。

Photo credit: Nalumi Uchiyama「「ウルトラ植物博覧会」in銀座

こちらの写真は、デザート・ローズ。和名では砂漠の薔薇。キョウチクトウ科で花もかわいらしいです。イエメンやサウジアラビアに分布しています。しかし現地では、ボトルツリーとも呼ばれているとのこと。たしかに形状も根本が太く、こちらもボトルのカタチをしています。しかしここで驚くなかれ。こちらはこの太い幹の部分に水を蓄え、貯水の機能を果たしているんだとか。そこからこのボトルツリーという名がつけられたそう。あれ? こちらのほうは機能までボトルのようです。

植物にはまだまだユニークなポイントがたくさんあります。実際に見に行って見ると予想外の発見がありそうですね! 本来ならば世界へ旅しないと、見れない摩訶不思議な植物たちですが、今なら銀座で見ることができます! 是非とも足を運んで植物の世界を感じてみてください。

「『ウルトラ植物博覧会』西畠清順と愉快な植物たちは」2015年7月3日(金)から8月16日(日)までです。詳細はこちら

(ライター:内山成美
Photo by: Nalumi Uchiyama「「ウルトラ植物博覧会」in銀座

関連旅行記はこちら

*Nalumi Uchiyama「「ウルトラ植物博覧会」in銀座
*Takashi Ogasawara「煌めきの世界へ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP