ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インド Xolo、2万円台なのにフルHDディスプレイやツインカメラを備えたた「Xolo Black」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インドの人気スマートフォンブランド Xolo が 2 ヶ月前より予告している新型スマートフォン「Black」を正式に発表しました。Xolo Black は Android 5.0 ベースの独自 UI「HIVE 1.5」を搭載した 5.5 インチの大画面スマートフォンで、デザインや筐体の素材、カメラ機能において特にこだわりの強い機種と言えます。最大の特徴はおそらく背面のツインカメラでしょうか。メインカメラは 1,300 万画素で、200 万画素の Depth カメラを搭載。HTC One M8 のようにフォーカスを撮影後に当て直せる「UbiFocus」機能を搭載しています。前面カメラは 500 万画素で LED フラッシュを搭載しています。筐体は前後にガラスパネルを取り付けたスタイリッシュなものです。前後共にゴリラガラス 3 を採用しており、背面パネルには指紋などの付着を抑制するオレオフォビックコーティングを施しています。Android 5.0 Lollipop with HIVE UI 1.55.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルQualcomm Snapdragon 615 オクタコアプロセッサ2GB LPDDR3 RAM、16GB ROM、Micro SD 対応背面に 1,300 万画素 + 200 万画素(Depth カメラ)、前面に 500 万画素カメラ(LED フラッシュ付き)2G / 3G(HSPA+) / LTE、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GPSバッテリーは 3,200mAhBlack は、7 月 13 日にインドの小売店で発売されます。価格は 12.999 ルピー(約 25,000 円)です。Source : XOLO


(juggly.cn)記事関連リンク
TwitchのAndroid版がアプリを閉じてもゲーム実況を視聴可能に
Galaxy Note 5はIFAイベントよりも前に発表されるとの報道
「Moto G(3rd Gen)」のレンダリング画像が出回る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP