ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

忙しい朝でも忘れ物ゼロに!光と音で通知をしてくれるスマートタグが便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

朝の忙しい時間。携帯、カギ、財布と忘れてはいけない物は沢山ある。

そこで、オランダのスタートアップが、忘れ物の悩みを解消する画期的なデジタルアイテム、「trakkies」を開発している。

・まるで物同士が意思相通!?

「trakkies」は、ボタンのような形のデジタル・タグ。この小さなディバイスが、IPv6アドレスを各アイテムに設置。そのアドレスを使い、登録した物同士がロケーションを把握する。

さながら物同士が意思相通を図り、外出時に一つでも欠けると異常をユーザー知らせる、小型のロボットのようなイメージだ。

・最長180mまでシグナルが届く

「trakkies」があれば、忙しい朝にうっかりお財布を忘れて家を出ても大丈夫。

「trakkies」が光と音で、タグしたお財布がユーザーから離れたところにあるというエラーメッセージを教えてくれる。

現在「trakkies」は、2種類のタグを開発中。

「trakkies.micro」は29x12mmサイズ。アイテムが遠くに行っても、最長180mまでシグナルが届く。小型スピーカー搭載で、無くした物の位置がわかりやすく、2年のバッテリー寿命で長く使える。

もう1つの「Trakkies.tagg 」は、29x6mmの薄型。どちらも生活防水付きで、タグする物を選ばない。

・携帯なしでも威力を発揮

携帯を使わず使用できるこのデバイスだが、携帯アプリの開発にも力を入れていて、タグしたアイテムの“パーソナル・ネットワーク”にアクセスして、“Find iPhone”のようにアイテムのロケーションがわかるようになっている。

現在、Kick Starterで2016年のローンチを目指し、ハードウェアの開発を進めるため出資者を募集中。今なら、54ユーロ(送料別途24ユーロ)で3つのタグセットを申し込める。

しかし、携帯電話がなくても、物同士が離れると音と光で教えてくれるのはとても便利。バタバタと大事な忘れ物を取りに家に戻ることもなくなるかも?

「trakkies」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP