ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

笹崎里菜アナの評価がうなぎ登り「あの精神力並みじゃない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 入社までのプロセスも異例なら、入社後の待遇も異例中の異例である。銀座でのホステスバイト経験が発覚し、一度は「清廉性がない」と内定を取り消されたものの、法廷闘争の末に入社を勝ち取った日本テレビの笹崎里菜アナ(23)が、正式配属前からテレビに出まくっている。

 例年であれば新人アナは8月末の『24時間テレビ』でデビューするのが普通だ。しかし笹崎アナ、同期の尾崎里紗アナ(22)、平松修造アナ(22)は、6月3日放送の『1億人の大質問!? 笑ってコラえて』に出演、今後1年間かけて3人に密着するコーナーがスタートすると発表された。その後、3人は同月26日に『スッキリ!!』『ZIP!』など3つの朝番組に連続出演している。日本テレビの社員がいう。

「あくまでも“同期3人のセット売り”ということになっているが、この異例の人事が笹崎シフトなのは明らか。3人同時に『新人アナトリオ』として露出させれば、話題性の大きい笹崎の露出を増やしても批判されないうえに“優遇している”とか“差別的な扱いをしている”という社内外からの批判を避けられる。よく考えられた待遇です。おそらくすぐには担当番組を持たせず、このトリオでいろんな番組に顔を出すことになるでしょう」

 とはいえ“セット売り”でも“センター”はあくまで笹崎アナ。社内での評価もうなぎ登りだという。

「出演した『スッキリ!!』では、司会の加藤浩次さんに“笹崎さんはいろいろあったから頑張ろう!”と入社経緯をイジられた。それでもうろたえることなく、ニッコリ笑って応えた。“あの精神力は並みじゃない”ともっぱらの評判です」

 2人の同期という「盾」を得て、超大型新人の進撃は続いている。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
笹崎里菜アナ 日テレ社食で「自然に気配りできる」と高評価
ミト会入り笹崎里菜アナ 鈴江・エレーヌアナもケアをと助言
笹崎アナ『行列』からオファー 「訴えてやる」言わせたい?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP