体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

私をフッたあの人への「13の感謝」。世の中へ出る準備ができた!

150710_first-parnter

愛する人が自分を置いて去ったとしたら、疑問や怒りを感じることはあれど、感謝の気持ちを持つことは難しいはず。

しかし、「Elite Daily」の人気ライターPaul Hudson氏は「そんな人にこそ感謝するべき」と述べています

shutterstock_226022077 (1)_R

誰もが失恋を経験する。正直、その経験は非常に大切なもの。

愛する人が去っていくということは、世界の終わりのように感じられることもあるが、一方では「最高の教師」でもある。

その経験を通して、自分自身や人生、愛について学ぶことができる。失恋の痛みなしでは、恋をすることの本当の意味を理解することはできない。

だから、僕の元を去っていった最初のパートナーには感謝したいと思う。あれ以来、会ってはいないけれど。

shutterstock_192042083_R

01.
哀れな未来から救ってくれた

僕の人生から去ることを選んでくれた。そのことを嬉しく思う。考えただけではなく実行したということは、君は僕に愛される価値はないということ。

もしずっと一緒にいたら、僕たちの未来は惨めだったはずだ。早めに行動してくれてありがとう。

02.
世の中の「厳しさ」を
教えてくれた

君が愛情のある人だということは知っている。でも、暗く冷たい部分があることも。僕はその部分を好きでもあり、嫌いでもある。

無慈悲さにも強さはあるとはいえ、よいパートナーに必要なのは思いやりだ。とにかく、君に酷い扱いをされ、もっと酷いことをする人もいるだろうと思わせてくれた。

一番近くにいる人でも、自分を傷つけることがあると教えてくれた。だから、僕は厳しい世の中に出て行く準備ができたのだ。

03.
自分に必要な人を
気づかせてくれた

今では君とは正反対な人が必要だと分かる。君は充分ではなかったんだ。いつも何かが欠けていた。完全に指摘することはできなかったけれど。

今ならそれが何だったかが分かる気がする。そして、それが君には埋められないことも。

04.
恋愛の「痛み」を
教えてくれた

shutterstock_149387768_R

人がこれほど傷つくことがあるとは知らなかった。心の痛みにこれほど耐えられることも。

05.
意外な自分の「強さ」に気付けた

これから生きていけるか分からなくなった時もあった。バカらしく聞こえるかもしれないが、君を失うことは絶望的だった。

でも、今僕はここに力強く立っている。自分の人生を生き、笑顔でいる。無敵ではないが、ガラスのようにもろくもないことを教えてくれてありがとう。

06.
何でもできると
ポジティブになれた

君を忘れることができれば、何だって達成できるはず。君を失っても生き延びたことは、自分で決めたことは何でもできる強さがあることを教えてくれた。

07.
人は「変われる」ことに
気づかせてくれた

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。