ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鏡を見るだけで、カラダの悪い部分が分かる「10のパーツ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「予防医学」とは疾病の予防を行うことや病気になりにくい心身の健康増進を図るための学問。インドの伝統医学アーユルヴェーダもそのうちの一つと言われています。
Shrankhla Holecek氏が「mindbodygreen」に投稿した記事は、そのアーユルヴェーダの流れをくむ「顔分析」について。どうやら、顔の状態はあなたがどれくらい健康かを示す需要な参考資料になるようです。これを見て、身体が発するサインに気づいてあげて!

現代に生きる私たちにはMRIやレントゲンがある。しかし、それらが普及する何千年も前から病気は存在している。
実は、昔の人々はある自己診断をすることで、自分の身体のどこに不調があるのかを発見し、病気を未然に防ぐようにしていた。そして、この方法は現在でも同様に行うことができる。

それは、自分の顔の状態をチェックすること。インドのアーユルヴェーダより伝わった古代の慣習「顔分析」によると、自分の顔のパーツはそれぞれが身体の器官に繋がっているとのこと。だからこそ、顔のどのパーツの異常かを見れば、身体のどの器官をケアすればいいかがわかることになる。

01.
おでこ:胆嚢や肝臓のトラブル

アーユルヴェーダによると、おでこは神経系や消化器官に関わっており、ストレスや消化器官の不調によって吹き出物が発生する。加工食品と脂肪分の多い食べ物はなるべく避け、瞑想やヨガを生活に組み込んでストレスを和らげるように。

02.
右側の眉間:肝臓のトラブル

深い悩みが顔のシワに繋がるとはよく言われていること。どのようなシワかによって、どこにストレスを抱えていて、どこの器官が危険にさらされているのかを知ることができる。もし右側の眉間に垂直の線があるなら、怒りを抑え込んでいて肝臓にストレスを抱えているということ。

03.
左側の眉間:脾臓のトラブル

左側の眉間にシワがあると、感情を抑え込んでいて脾臓にストレスを抱えているサイン。

04.
目:関節や腸、甲状腺のトラブル

目は特に分かりやすい。黒目の部分が小さくなることは関節に問題があることを指す。黒目が白っぽくなると関節が徐々に退化している状態だ。黒目の色にムラがあると、腸内で栄養が吸収されていない。黒目の周りに明るいリング状のものを見つけたなら、塩分と糖分の取り過ぎに注意。白目が黄色がかっていたら、肝臓が弱っている。

05.
目の下:腎臓のトラブル

目の下がむくんだり膨れているのは腎臓の機能に障害があるということ。水を多く飲んだり、食べ物にスパイスを加えてよく噛むなど、消化を促すようにすると良い。ちなみに、アーユルヴェーダでは、飲み込む前に30回噛むことを薦めている。

06.
頬:肺のトラブル

頬に色のムラがあるのは、新陳代謝の低下や鉄分などの栄養が足りていない証拠。

さらにいうと、頬は肺の機能とも繋がっている。息切れするような激しい運動の最中に、自分の顔がどれだけ赤くなるかに注目。息の質にこだわり、呼吸訓練をしてみてもいいかもしれない。

07.
鼻:血流のトラブル

鼻は循環システムと関わっている。もし、鼻に吹き出物があるのなら、血圧に問題がある可能性が高い。アボカドやオリーブオイルなど身体に不可欠な脂肪酸を積極的に摂取し、お酒やコーヒー、辛い食べ物は控えるべき。

08.
下唇:腸、腎臓のトラブル

下唇を観察することで腸がどのような働きをしているかが分かる。茶色のシミがあるなら、消化不良や酵素機能の低下に悩まされているはず。また、腸の下の方に寄生虫がいる可能性も。プロバイオティクスを積極的に摂ると改善へと向かうはず。

唇の血色が悪いのは貧血のサイン。野菜や鉄分を多く含んだ食べ物を摂取するように。もし、唇にハッキリと青みがかった部分を発見したら、酸素の吸収量が低下していて、心臓の機能も低下している可能性がある。同時に、息切れも伴っているのなら、必ず医者に行くように。

下唇にシミや変色がある場合は、腸の不調。唇の端の方にシミがあるなら腎臓に異常がある可能性が。

09.
舌:肺のトラブル

舌は器官の不調が現れる最初のパーツなので、毎朝チェックすることを推奨する。舌の真ん中や裏側に白っぽく円形に広がった残留物のようなものが見られるなら、腸や結腸に毒素が溜まっていることを示している。

唾液が頻繁に泡を含んだり、舌の端の方が擦れていたりするのなら、肺に問題がある可能性があり、積極的な有酸素運動や瞑想が求められる。

10.
あご:ホルモンバランスのトラブル

ホルモンバランスの崩れやストレスのサインは最もあごに現れやすい。このため、月経のサイクルの時に吹き出物ができやすくなる。十分な睡眠と運動で、ストレスをできるだけ減らすべき。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

関連記事リンク(外部サイト)

誤解していた・・・貧困について知っておくべき「10の真実」とは?
食べながら痩せる!?食事を我慢せずにダイエットする「3つのポイント」
ストレス発散だけじゃない!身体も心も美しく健全に保つ「エクササイズ6選」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP