ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジェイ・ZのTidalが“家族割”料金プランで競合に対抗

DATE:
  • ガジェット通信を≫
ジェイ・ZのTidalが“家族割”料金プランで競合に対抗

 ジェイ・Zの音楽ストリーミングサービス“Tidal”が、Apple Musicほか競合サービスの低価格帯へ対抗すべく、家族割引の料金プランを開始した。同サブスクリプション・サービスは7月8日、同じアカウントに別の4人を追加すると50%ディスカウントすることを発表した。

 米国では通常月額10ドル(約1,200円)のプレミアムサービスを家族5人で使った場合、新料金では1家族30ドル(約3,600円)になるという。1人目は通常料金10ドルだが、追加ユーザーは月額5ドルになる。2人なら月15ドル、3人なら20ドルという具合だ。高音質サービスの月額20ドル会員にも同様の割引が適用され、2人では30ドル、3人なら40ドルとなる。

 今回、Apple Musicの家族割プランにTidalが素早い反応を見せた形だ。米国内のApple Musicでは月額1人9.99ドルで、ファミリー・プランだと最大6ユーザーまで14.99ドルとなる。これはTidalの標準サービス5人分のちょうど半額だ。Appleの月額14.99ドルのプランで6人だと一人当たり2.5ドル(約303円)になるため、サブスクリプション・サービスにおいてApple Musicが一番の低価格となる。AppleもTidalも2人だと14.99ドルだが、Tidalは1人追加ごとに5ドルずつ増えていくのだ。

 なお、他のサブスクリプション・サービスの競合各社もファミリー・プランの割引を行っており、Spotifyは数か国で、Rdio(アールディーオー)は世界中にて、最高4人までの追加ユーザーについては50%割引というTidalと同じ料金プランを提供している。Apple Musicの料金発表後、Spotifyは近日中にどこにも負けない価格を発表するとコメントしている。

関連記事リンク(外部サイト)

マデオン、敬愛する中田ヤスタカによる「Pay No Mind」のリミックスを配信開始
ウィズ・カリファ 12週目の米ビルボード・シングル・チャートNo.1をマーク、迫るオーミは2位に、次週首位交代なるか?
ミーク・ミル 初動25万枚を売り上げ米ビルボード・アルバム・チャート堂々の1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。