ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キース・リチャーズ、23年ぶりソロ・アルバム「クロスアイド・ハート」9月全世界同時発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キース・リチャーズが、23年ぶりの通算3作目にあたるソロ・アルバム「クロスアイド・ハート」をヴァージンEMIから9月18日に全世界で発売する(日本発売も9月18日予定)。

今作には全15曲収録され、20世紀で最も称賛されているアーティストの1人であるキース・リチャーズの全てを網羅している。そしてレゲエ、ロック、カントリー、ブルースなど、五つ星の音楽の旅へと連れていってくれる。

「クロスアイド・ハート」からの1stシングル「トラブル」は、7月17日に解禁となり、張りつめたギター・ベースの楽曲で、キース・リチャーズがエレクトリックとアコースティック・ギター、ベース、リードとバック・ヴォーカルを担当している。旧友のスティーヴ・ジョーダンがドラムス、ワディ・ワクテルがギター、そしてバーナード・ファウラーがバック・ヴォーカルとして参加している。「トラブル」は、キースとスティーヴ・ジョーダンによる共作曲で、ふたりが共同プロデュースしている。

「このアルバムの制作、そしてまたスティーヴ・ジョーダンとワディ・ワクテルと一緒に仕事が出来て、とても楽しかった。何が出来上がるか、全く見当もなくスタジオに入るのは、本当に興奮するよ。もしトラブルを探しているのであれば、まさにここが最適な場所だよ」

キースは「クロスアイド・ハート」の楽曲のほとんどを1人、もしくはスティーヴ・ジョーダンと共作している。カントリー風の「ロブド・ブラインド」、レゲエ調の「ラヴ・オーヴァードゥー」、曲名通りの「ブルース・イン・ザ・モーニング」などがアルバムのハイライトである。また、多数のアーティストとコラボレーションしており、ソウルフルなバラードの「イリュージョン」ではノラ・ジョーンズと共作、デュエットしている。

キース・リチャーズは、アルバムでエレクトリックとアコースティック・ギター、ベース、ピアノ、ヴォーカルを担当している。さらに前作のソロ・アルバムにも参加したエクスペンシヴ・ワイノーズ(X-Pensive Winos)のギタリストであるワディ・ワクテル、キーボードのアイヴァン・ネヴィル、バック・ヴォーカルのサラ・ダッシュが今回のアルバムにも参加している。

スティーヴ・ジョーダンは、ドラムスとヴォーカルで参加している。他にスタックスのソングライターで、キーボード担当のスプーナー・オールドハムが「ラヴァース・プリィ」、ペダル・スチール演奏者のラリー・キャンベルが「ロブド・ブラインド」、アーロン・ネヴィルがバック・ヴォーカルとして「ナッシング・オン・ミー」、そして親友のボビー・キーズが「アムネシア」と「ブルース・イン・ザ・モーニング」にサックスで参加している。

キースは、1988年に「トーク・イズ・チープ」、1992年に「メイン・オフェンダー」といったソロ・スタジオ・アルバムを2作、1988年12月15日にライヴ・アルバム「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・パラディアム」をリリースしている。

関連リンク

キース・リチャーズ オフィシャルサイトwww.keithrichards.com
キース・リチャーズ オフィシャルTwitter@officialKeef
キース・リチャーズ オフィシャルInstagramhttps://instagram.com/officialKeef
キース・リチャーズ オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/officialkeef

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP