ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安保論議の最中に「命令あらば実戦で任務遂行」と現役自衛官

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在国会では、与野党が安保法制を巡って論戦を繰り広げている。しかし、当事者となる現役自衛隊員たちが考える争点は別の所にあるという。ジャーナリスト・田上順唯氏がレポートする。

 * * *
「危ない場所に出ていくために存在するのが自衛隊です。リスクとは管理するもので、訓練を重ねることで軽減できるのです。命令とあれば実戦でも粛々と任務を遂行する、それだけです」

 ある陸上自衛隊の2曹は、国を守るという自負のもと、自分の置かれた立場についてそのように語った。

「派遣地域の拡大で、自衛隊員のリスクが高まる」5月27日の衆院安保法制特別委員会で、民主党の岡田代表が厳しく指摘すると、安倍首相と中谷防衛相は「隊員にリスクはあるが、できる限り小さくする」と答弁した。

 いま国会で争点になっている「自衛隊員のリスク」を当の自衛隊員たちはすでに見越している。リスクが高まるのなら、そのリスクの中身を見極めて、適切に対処すればいい、と多くの自衛隊員は考えている。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イラクで活躍「ヒゲの隊長」 震災後の自衛隊の活躍を報告
女性自衛官1.2万人 ヘアカラーやネイルはどこまで許される?
元防衛大臣・北澤俊美氏が震災時の自衛隊の働きを解説した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP