ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Jin-Machineが9月30日にニューシングル「ゴリラ」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Jin-Machineが9月30日にニューシングル「ゴリラ」をリリースすることがわかった。

今回のテーマは「ゴリラ」。絶滅危惧種に指定されているあの「ゴリラ」である。言葉の響きだけでテーマを「ゴリラ」にしたリーダーのfeaturing16(フィーチャリングイチロー/担当:MC)が、楽曲制作にあたりゴリラの生態や取り巻く環境について知っていくうちに、「もっと身近な存在としてゴリラについて歌いたい」という想いが募り、今作の制作に踏み切った。

おバカな歌詞で歌う女好きなゴリラや、アットホームなゴリラ一家など、収録曲の全てがゴリラについて歌われた前代未聞のシングルとして結実。「ゴリラ」「ゴリラの家」「森のゴリさん」「Critically Endangered IA」など、タイトルだけでも楽しめそうな、バラエティに富んだ収録内容になる予定だ。

さらに、CDジャケットはメンバーのアイデアから導かれ、ゴリラの写真をあしらった図鑑テイストのデザインに仕上がっている。また、今作の楽曲でもファンがミサ(ライヴ)で楽しめるよう、振り付け動画をWEBで公開予定だ。

そして、Jin-Machineは7月26日(日)渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されるART POP ENTERTAINMENT 主催「CRUSH OF MODE – HYPER HOT SUMMER’15」に出演し、続く8月からの同名義のツアーでは、全国各地でも出演が決定。また、9月12日(土)に青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場にて開催される青森最大のロックフェス「AOMORI ROCK FESTIVAL’15~夏の魔物~」にも出演が決定。さらに、「12ヶ月連続ワンマンツアー」も折り返しを迎え、ファイナル公演は12月6日(日)新宿ReNYで開催されるニュースも発表された。

新たな展開を迎えるJin-Machine。今後の活動にも注目だ。

シングル「ゴリラ」
2015年9月30日発売
【ニシローランドゴリラ盤】
YCCW-30044/¥1,800+税
<収録曲>
7トラック収録予定(カラオケ・トーク含む)

【ヒガシローランドゴリラ盤】
YCCW-30045/¥1,800+税
<収録曲>
7トラック収録予定(カラオケ・トーク含む)

【マウンテンゴリラ盤】
YCCW-30046/¥1,000+税
<収録曲>
3トラック収録予定(トーク含む)

【ライヴ出演情報】
12ヶ月連続ワンマン48都道府県ツアー「おげれつ戦国ハナクソ相撲」
2015年
07月18日(土) OSKA MUSE
08月23日(日) 青森Quarter
09月19日(土) 岡山IMAGE
10月10日(土) 高松DIME
11月21日(土) 金沢AZ
12月06日(日) 新宿ReNY(Final 公演)

「stylish wave CIRCUIT’15夏の陣“今宵狂乱”」
07月23日(木) 仙台darwin

「CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER’15-」
07月26日(日) 渋谷 TSUTAYA O-EAST

「CRUSH OF MODE-HYPER HOT SUMMER’15-TOUR」
2015年
08月01日(土) 心斎橋BIG CAT
08月02日(日) 名古屋Electric Lady Land
08月04日(火) 金沢AZ(EXTRA EDITION)
08月05日(水) 富山SOUL POWER(EXTRA EDITION)
08月07日(金) 長野J(EXTRA EDITION)
08月08日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
08月16日(日) 渋谷 TSUTAYA O-WEST
08月27日(木) 仙台MACANA(EXTRA EDITION)
08月29日(土) 札幌ペニーレーン24
08月30日(日) 札幌ペニーレーン24

「stylish wave MAX’15“一撃乱舞“-stylish wave CIRCUIT’15夏の陣 グランドファイナル」
08月16日(日) 新宿ReNY

「AOMORI ROCK FESTIVAL’15~夏の魔物~」
09月12日(土) 青森県東津軽郡平内町夜越山スキー場

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
Jin-Machine オフィシャルHP
Jin-Machine、2014年第1弾シングルは涙を誘う切なソング!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP