ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、AQUOS K SHF31を月額1,798円から利用できる「LTEプランS」を提供開始、データ通信ダブル定額の採用で安く運用できる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI が Android ベースの au ケータイ「AQUOS K SHF31」向けに、毎月 1,798 円から利用できる新料金プラン「LTE プラン S」の提供を開始しました。LTE プラン S は、SHF31 で選択可能な「LTE プラン」のデータ通信部分を「LTE ダブル定額」にして費用を安く抑えられるようにしたプランです。月額費用は、基本使用料の 998 円、データ使用料の 500 ~ 4,200 円、LTE NET の 300 円。合計 1,798 円 ~ 5,948 円になります(別途、通話料や SMS 送信料、ユニバーサル料が加算されます)。つまり、データ通信をあまり使わなかった場合には安く抑えられることになります。また、この新プランでは、データ通信を MAX で使ったとしても既存の「電話カケ放題プラン」や「LTE プラン」よりも安価です。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
ZenFone 2でWindows 7を動かした動画
Android M デベロッパープレビュー版第二弾の新機能を紹介(随時更新)
NTTレゾナント、gooスマホ向けの“かんたん”ホームアプリ「gooのやさしいスマホ」をリリース、他社のスマートフォンにもインストール可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP