ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃事実】映画『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』はリブート作品じゃなかった!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハリウッド映画『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』が、いよいよ日本で公開された。『ターミネーター』シリーズとしては5作目だが、公式にリブート作品(また最初から仕切り直し)と伝えられており、『ターミネーター5』ではなく『ターミネーター1』を作り直したものだと思っている人が多くいるようだ。

・ここから先はネタバレ要素を含む
しかし、実際は違った。ここから先はネタバレ要素を含むため、まだ観ていない人は観るべきではない。しかし、一度でも観た人であれば、これから書かれている内容に同意せざるを得ないだろう。そして、この映画が物語の時系列として『ターミネーター5』であることを確信するはずだ。

・展開をリブートした作品?
すでにご存知のとおり、『ターミネーター1』はジョン・コナーの指示によりカイル・リースが1984年にタイムトラベルし、そこでサラ・コナーと結ばれ、ジョンが生まれる。『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』は、その展開をリブートした作品、つまり作り直した作品だと思われている。

・たくましい女戦士として育ったサラ
『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』に登場したサラは、カイルがタイムスリップした時点で、すでにたくましい女戦士として育っており、か弱いウェイトレスではなかった。新たにリブートした作品なのだから、展開や設定が違っててもおかしくない。いたって普通のリブート作品といえる。

・なんらかの意図により時間に改変
……が、しかし、ここからが重要だ。か弱い女性だと思っていたサラが強い女性だったためカイルが困惑していると、サラは「歴史が変わった」的な内容のセリフを吐く。つまり、『ターミネーター1』『ターミネーター2』『ターミネーター3』『ターミネーター4』は確かに事実として存在していたが、なんらかの意図により時間に改変がされ、『ターミネーター1』の時代も改変された当ことになるのだ。

・今後公開される予定のテレビドラマ版
つまり『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』は、今までの『ターミネーター』シリーズがあってこその『ターミネーター5』といえるのである。これはリブート要素を含むナンバリング作品であり、それは今後公開される予定のテレビドラマ版で明らかになるかもしれない。

・ジェームズキャメロン監督も絶賛
ちなみに、歴代の『ターミネーター』シリーズを撮影してきたジェームズキャメロン監督は「最新作は私にとって『ターミネーター』の3作目だ!」と話している。確かに『ターミネーター1』『ターミネーター2』のあとに『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』を観ると、ストーリーが通じる。なんとも不思議であり、ワクワクする展開だ。


https://youtu.be/Tlq6KzMx7ek

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/07/10/terminator-genisys/

Via: ターミネーター: 新起動/ジェニシス

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP