ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水難事故防止に!手首につけるコンパクトな救命浮き「Kingii」に注文殺到中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Kingii2暑くなり、海や川、プールで泳いだりマリンスポーツを楽しんだりする季節になった。

その際に気をつけたいのが事故。泳ぎに自信がある人でも、溺れることはある。

安全を確保するためのものとしてはライフジャケットがあるが、もっとコンパクトで子どもから大人までさまざまなシーンで活用できるものを、と開発された救命装置が「Kingii」だ。

Kingiiは現在、商品化に向け資金調達サイトIndiegogoで資金を募っているが、注文が殺到しすでに目標額を大きく上回る額を集めている。

・1秒で浮きが膨らむ!

ライフジャケットに比べ小型で、手首につけて使用するので邪魔にならないというのがKingiiの売りだ。

Kingii装置の中には畳まれた浮きと、CO2入りシリンダーが収まっていて、いざという時にレバーを引っ張れば1秒でCO2が注がれて浮きが膨らみ、ユーザーは浮力を確保できるという仕組みだ。

・浮力は48時間持続

使用対象年齢は6歳以上とし、体重124キロの人でも使えるとしている。浮きは目立つオレンジ色で、浮力は48時間持続。助けを求めるのに使う笛も付いている。

また、Kingiiは一度使ったらおしまい、ではない。膨らんだ浮きのCO2を抜いてから畳んでしまい、シリンダーを新しいものに交換すると、繰り返し使用できる。

ただし、シリンダーはKingii専用の形状をしているので、どこでも買えるわけではなく、Kingiiのサイトで注文することになる。

現在、IndiegogoではKingiiにシリンダー2本がついたセットが69ドルからとなっている(送料別途)。家族で海水浴を楽しむという人向けには、Kingii4つにシリンダー8本のファミリーパッケージ(305ドル)もある。

毎年、発生する水難事故。このガジェットで命が守れるなら決して高いものではないだろう。キャンペーンは7月29日まで、発送は9月ごろを予定している。

Kingii/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。