ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ヤスケン通信】主演なのに脇役! 安田顕の“○変化”に期待大の映画『俳優 亀岡拓次』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


どんな役にもなりきってしまう、俳優・安田顕が今度は七変化に挑戦! 主演映画『俳優 亀岡拓次』が来年1月に公開されます。

安田さんは硬軟演じ分け映画にドラマ、舞台とひっぱりだこの個性派俳優。今年に入って映画だけでも『龍三と七人の子分たち』『ビリギャル』『新宿スワン』と大ヒット作に立て続けに出演。「ガジェット通信」でも度々その変身ぶりをご紹介してきました。昨今の脇役俳優ブームの中で、今、最も注目を集める俳優・ヤスケンが待望の映画主演に挑む……がまさかの脇役!?
 
安田さんが演じるのは、TVでも映画でも、現代劇でもドラマでも、見かけたことある役者。見かけたことはあるけど、それがどこだったか、何という作品だったか、いわんやぱっと名前が思い浮かぶこともない……という脇役俳優・亀岡拓次。

泥棒、チンピラ、ホームレス。演じた役は数知れず。大作(の脇役)から自主映画(の脇役)まで、声がかかる限りどこにでもどんな役でも駆けつける、監督から重宝される俳優。趣味はお酒。撮影現場と酒場を行き来する日々。そんな地味な亀岡の人生が、居酒屋の女将に恋をして動き出します。

五度の芥川賞候補にもなった作家・戌井昭人(いぬいあきと)による著書「俳優・亀岡拓次」の映画化。劇団を持ち俳優としても活躍する著者の“業界あるある”が満載。映画や舞台の現場で巻き起こる、ヘンテコな人々によるおかしくて可笑しな事件はもしかして実話?

監督は独特な着眼点・発想による演出で期待の新鋭・横浜聡子。国内外の映画祭で評価が高かった松山ケンイチ主演『ウルトラミラクルラブストーリー』以来6年ぶりの長編映画最新作となります。また、「あまちゃん」で注目された大友良英が音楽を手掛けます。

それにしても、画像の“ねずみ小僧”チックなヤスケンさんが可愛すぎるッ!

【安田顕さんコメント】

映画の主演というお話をいただけたことに本当に嬉しく思っております。
戊井先生の原作を読ませて頂き、本当に面白く、その主人公である亀岡拓次を自分が演じられることに嬉しくもありプレッシャーも感じております。
職業が俳優の主人公を演じるというのはとても得難い経験だったのと同時に難しかったです。
現場では横浜監督をはじめ、素晴らしい共演者、スタッフの皆さんに囲まれ無事に撮影を終えることができました。
横浜監督の世界観に、溺れんばかりにどっぷり浸かり、ときに翻弄されつつも、一喜一憂の日々でした。
皆様にも映画【俳優・亀岡拓次】の世界に引き込まれていただけると幸いです。
是非、皆様ご覧下さい。

『俳優 亀岡拓次』2016年1月テアトル新宿ほか全国ロードショー

出演:安田顕『新宿スワン』『ビリギャル』『龍三と七人の子分たち』
監督:横浜聡子『ウルトラミラクルラブストーリー』
原作:戌井昭人「俳優・亀岡拓次」(フォイル刊) 
音楽:大友良英「あまちゃん」
(C)2016『俳優 亀岡拓次』製作委員会

ヤスケンさんの関連記事はこちらから!

極悪なヤスケンの色気が凄まじい! “悪い男”好きの女性必見の『龍三と七人の子分たち』
http://getnews.jp/archives/919329 [リンク]

【写真たっぷり】安田顕がMCの“ジジイ”連呼に恐縮! 『龍三と七人の子分たち』舞台挨拶レポート
http://getnews.jp/archives/933731 [リンク]

安田顕が再びチンピラに! 『新宿スワン』で見せる強烈キャラクター写真を一挙公開
http://getnews.jp/archives/959270 [リンク]

映画『みんな!エスパーだよ!』撮影現場レポート「喫茶 シーホース」にもお邪魔したよ!
http://getnews.jp/archives/962753 [リンク]

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP