ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャンプ界の革命児「テントサイル」から新モデル発売。アウトドアの常識を変える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テントサイル」。以前TABI LABOの記事でも紹介し、その斬新なデザインから話題となりました。

3本の木にひもで固定して設営するため、地上から浮いた状態でキャンプを楽しめます。これが、ハンモック型テントや空中テントと呼ばれる所以です。

そんなテントサイルから新しいモデルが発売された、と米メディア「boredpanda」で話題になっています。その名も「トリロジー」、6人用の大型空中テントです。

トリロジーは、2人用の空中テントを3つ繋げることで6人がくつろげるスペースができるというもの。大勢の友だちとキャンプにいきたいという方や、大家族にピッタリ。
テントサイルの日本の公式HPによると、トリロジーの価格は288,000円(税込)。ちなみに二人用のテント、コネクトツリーの価格は108,000円(税込)です。

このテントサイルがなぜアウトドアの常識を変え、テント界の革命児と世界中で注目されているのか。その秘密を紹介していきましょう。

01.
地球上
すべてが遊び場になる

木が3本あれば、雪山の中だって、ビーチリゾートだって、サファリパーク(!)にだって設営できます。

02.
虫や動物から
守ってくれる

テントの中に侵入してくる虫の数は地上よりも少ない!さらに、ヘビなどの野生動物が入ってくる心配もありません。どんな場所でも安心して過ごせるのです。

03.
美しい夜空も
自分一人だけのもの

テント上部がすべてメッシュになっていて、シースルーのつくりになっています。そのため、夜空もハンモックのように揺られながら星空観察だってできます。

04.
環境にも優しい

テントサイルを購入すると、テント1つにつき3本の木を植林しています。環境にも配慮していて抜け目がありません。

その革新的なアイデアから、ミュンヘンで行われた世界最大のアウトドアイベント「IPSO BrandNew award」で、2015年にグランプリを受賞しました。
今までは地上のものだったテントを空中へと導き、キャンプに新しい魅力を与えてくれたテントサイル。さらに詳しい情報は、日本の公式HPで。

Licensed material used with permission by Tentsile

関連記事リンク(外部サイト)

30年前にデザインされた「キャンピングカー」の中身が衝撃だった・・・!
フィルムアーティストの映像に、世界中が虜になった。オーストリアの絶景6選
世界七不思議をまわってガンを克服!?どん底から這い上がった女性の「旅」に感動

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP