ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『インサイド・ヘッド』の感情たちが『アベンジャーズ』の予告編を観たら? マッシュアップ動画が最高!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ディズニー/ピクサーによる長編アニメーション最新作『インサイド・ヘッド』。本作は11歳の少女ライリーの中にある5つの感情が彼女の幸せを守るために、無限に広がる“頭の中”で大冒険を繰り広げる感動のファンタジーです。

7月18日(土)の日本公開を前に、本作の主人公であるヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリが、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の予告編を観て熱狂する前代未聞のマッシュアップ動画が公開されました。まさかの公式ですからね!

『インサイド・ヘッド』の感情たちが『アベンジャーズ』予告編を観たら?(YouTube)
https://youtu.be/etAYGs319CQ

映像は、少女ライリーがノートパソコンで『アベンジャーズ』の予告編を眺めているシーンからスタート。頭の中の“感情たち”も同時に映像を観ており、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクら豪華“アベンジャーズ”が登場する迫力の予告編で一気にヒートアップ! ……しているようにうまく合成されています。

アベンジャーズの宿敵“ウルトロン”が大量飛行するシーンでは、“ビビリ”が悲鳴を上げ失神。さらに、ソーが「みんな死ぬのか……」と弱音を吐くシーンでは“カナシミ”も「悲しい……」と倒れ込んでしまいます。しかし、アベンジャーズが集結して敵をなぎ倒す神シーンになると、感情たちも思わず声をそろえて大興奮。みなさんが初めて予告編を観た時も、同じようなリアクションをしたのではないでしょうか?

映画の予告編を見ているときに我々の頭の中の“感情たち”にはどんなことが起こっているのかが非常によく分かるこの映像。劇中でもこのように、それぞれの場面でそれぞれの感情が自分の役割を果たしてライリーの言動をコントロールしていくのです。

ピクサー最高傑作の呼び声も高い『インサイド・ヘッド』、大ヒット公開中のお祭りムービー『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、どちらも劇場で最高に感情を揺さぶられること間違いなし!

『インサイド・ヘッド』公式サイト:
www.disney.co.jp/movie/head

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』公式サイト:
marvel.disney.co.jp/movie/avengers[リンク]

(C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(C)Marvel 2015

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP