ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秦 基博、原作:東野圭吾×監督:堤幸彦×主演:江口洋介の超大作映画『天空の蜂』主題歌を担当

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
秦 基博、原作:東野圭吾×監督:堤幸彦×主演:江口洋介の超大作映画『天空の蜂』主題歌を担当

秦 基博が、9月12日に公開となる映画『天空の蜂』の主題歌「Q & A」を書き下ろした。同曲は9月9日にリリースされる。

映画『天空の蜂』は、ベストセラー作家・東野圭吾が20年前に発表し、そのテーマ性とスケールの大きさから、映像化は不可能と長年言われてきた史上最悪の原発テロに迫るクライシス・サスペンス超大作を、堤幸彦監督の手によって遂に完全映画化したもの。

原作者の東野圭吾をして、「執筆中に思い描いた以上の映像に圧倒されました」と語るように、かつてない壮大なスケールのエンターテインメント超大作に仕上がっている。秦にとっては、今年、日本アカデミー賞アニメーション部門最優秀賞を受賞した『STAND BY ME ドラえもん』主題歌「ひまわりの約束」、第68回カンヌ国際映画祭正式出品『あん』主題歌「水彩の月」に続き、3作連続で、映画作品の主題歌を担当することになる。

秦が、実際に完成された作品を試写で観て、「映画の中で描かれる人間が運命に抗う姿、大きな運命の流れの中で翻弄されながらも、自分が大切につかもうとするもの、守ろうとするもの、そういうものに対して向かっていく姿に感銘を受けて、その部分を自分なりに楽曲にしました」と語る新曲「Q & A」は、「ひまわりの約束」に代表されるような、ミディアム~スローな優しい楽曲のイメージが強い秦のこれまでのイメージを覆すような、アグレッシヴでエモーショナルなサウンドで人間の本質を問いかけるアッパーチューンに仕上がっている。

1度聴いたら忘れられないサビの「愛して 愛して」というフレーズが強力なインパクトを残す秦 基博による主題歌「Q & A」が使用された映画『天空の蜂』劇場版予告編は、7月11日より、全国の映画館で放映がスタートする。

堤幸彦コメント
始めてこの曲を聞いた時にある情景が浮かんだ。それは数多(あまた)の人々の姿。映画『天空の蜂』を撮っている時のイメージと同じだった。
突きささるリズムに身体をまかせていると深い詩が突きささる。原作と映画とこの曲「Q & A」同じ地平に立っている気がする。たくさんの人々に感じてほしい。21世紀のメッセージソングを。

江口洋介コメント
この映画が持っているテーマ性、スタッフ・キャストの想いを昇華させてくれる曲だと思いました。

映画『天空の蜂』製作チームからのメッセージ
この映画は様々なキャラクターが登場しますが、大切にしたのはそれぞれの人物の立場と思い、そして行動を丁寧に描く事でした。一人一人が様々な問題にぶつかりながら答えを出していくことから、主題歌についても男性ソロアーティストとして世の中と向き合いながら、圧倒的な存在感を放っている秦 基博氏の名前が即座にあがりました。書き下ろして頂いた楽曲は的確に映画の核を捉えていて、映画の印象を増幅する素晴らしい楽曲です。いち早く、多くの皆様に観て、聴いて頂きたいです。

リリース情報
シングル「Q & A」
2015年9月9日発売
初回生産限定盤(CD+スペシャルブックレット)AUCL 185 1,700円(税込)
通常盤(CD)AUCL 186 1,300円(税込)

タイアップ情報
映画『天空の蜂』
2015年9月12日公開
原作:東野圭吾『天空の蜂』講談社文庫
監督:堤幸彦
出演:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、
   石橋蓮司、佐藤二朗、向井理、光石研、竹中直人、
   やべきょうすけ、手塚とおる、永瀬匡、松島花、落合モトキ、石橋けい
脚本:楠野一郎
音楽:リチャード・プリン
制作:オフィスクレッシェンド
企画/配給:松竹 ©2015「天空の蜂」製作委員会
オフィシャルサイト:www.tenkunohachi.jp

関連リンク

秦 基博オフィシャルPCサイトhttp://office-augusta.com/hata
秦 基博オフィシャル・モバイルサイト「MOBILE GREEN MIND」http://augusta-mobile.com/hata
秦 基博オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/hata.official
秦 基博オフィシャルtwitterhttp://twitter.com/hata_official
YouTube「AUGUSTA CHANNEL」http://jp.youtube.com/user/officeaugusta
アリオラジャパン・オフィシャルサイトhttp://www.ariola.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。