ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「イチローよりラミレス監督」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫


7月7日の時点で借金19、首位ソフトバンクとのゲーム差19ゲームでパ・リーグ最下位に低迷するオリックス・バファローズ。現在、森脇浩司監督は休養中で、福良淳一監督代行が指揮を執っているが、来季の監督候補として、イチローの名前が挙がっている。ところが、ネット上では意外にもファンに歓迎されていないようだ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

元オリックスで現在フロリダ・マーリンズに所属しているイチロー。7月6日のスポーツ報知によると、オリックスがイチローに対し、選手兼任監督として16年ぶりの復帰を非公式に打診しているというのだ。

イチローの選手兼任監督としての復帰は、日本のプロ野球を盛り上げるにはこれ以上ないビッグプランに思える。しかし、ツイッターに投稿されている野球ファンの意見を見ると、

「イチローにオファーする行為、タイミングが違う。イチローの監督としての力量もハテナマーク」
「オリックスは来年、イチローを監督すると考えてるってなんともったいない発想だ。現役でいいじゃないか、イチローだってファンだってそっちがいいかと」

などと、監督としてのイチローに期待する声は少なく、選手兼任ではなく現役の選手としてイチローを見たいという意見が多いのだ。また、あまりにもビッグプランすぎるのか、

「イチロー監督とか絶対実現せんやろ」
「イチロー監督とかぜっっっったいない」

と、そもそも実現しないだろうとの見方も多かった。

ちなみにイチロー以外には、同じくオリックスのOBである田口 壮や、巨人などで活躍したアレックス・ラミレスが次期監督候補として名前が挙がっている。ツイッターでは、

「ラミレス監督なったらおもしろそうやなー。打撃コーチでもいいな。イチロー監督より100倍現実味あるわ」
「私は、ラミレスさんが面白いと思いますが…」
「巡回アドバイザーとしてもかなり期待しているがラミレスの監督ってのは見てみたいな」

と、ラミレス待望論がやや多く見られるといった状況。ラミレスはすでに選手にアドバイスをする“巡回アドバイザー”としてオリックスと関わっているだけに、実現の可能性も高そうに思える。

イチロー、ラミレス、田口のいずれも、人気・実績ともに超一流。来季以降のオリックスの巻き返しもありうる?
(小浦大生)
(R25編集部)

「イチローよりラミレス監督」の声はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

横浜DeNA快進撃を生んだ組織改革
20代アスリート「頭脳派」1位は?
パの2軍!?セリーグなぜ弱い議論
スポーツ「試合中止」7つの珍事件
球界“珍幕切れ”試合 3選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP