ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

沖縄の離島にiPadがやってきたよ! 【動画編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

沖縄本島から東へ約360km――。

沖縄最東端の北大東島は、大海にポツリと浮かぶ、全長およそ14kmの小さな島です。

人口わずか700人ほど。そんな島にもただひとつだけ、学校があります。

島の名を冠した北大東小中学校には、あわせて60名ほどの子どもたちが通います。

そんな小さな離島の小さな学校で、驚きのICT教育が行なわれています。

学校には10台のiPadがあり、国語、算数、理科、社会、体育や図工にいたるまで、

さまざまな授業で子どもたちみずからiPadを使う授業が日常の風景になっています。

漢字の読み書き、算数の計算、理科の自然観察、社会科の地理クイズ、

体育でのフォームの確認……。

きわめつけは、プレゼンテーションソフトのKeynoteを使った発表の授業です。

子どもたちは、写真とテキストでスライドをつくり、スピーチ原稿を考え、

皆の前でiPadを操りながらプレゼンテーションを行ないます。

子どもたちはKeynoteを見事に使いこなし、プレゼン資料を作成する

この島で、iPadを活用したICT教育が始まったのは2014年5月のこと。

そのきっかけとなったのが、「沖縄離島”15の春”旅立ち応援プロジェクト」です。

北大東島には、高校がありません。

そのため、高校進学を目指す生徒は、

15歳の春の訪れ同時に慣れ親しんだふるさとの島を離れ、

沖縄本島に移り住み、学校生活を送らなければなりません。

実は、沖縄の23の離島が、同じ境遇に置かれています。

そのうち、北大東島と南大東島、多良間島の3島の教育委員会と小中学校が連携し、

立ち上げたのが、このプロジェクトです。

在校生が海に飛び込み、卒業生を乗せた船を見送るのが毎年の恒例だ(写真:KDDI資料)

島を離れた子どもたちが、慣れない環境に萎縮することなく、

自信を持って青春の高校生活を歩んでほしい――。

その思いを形にするため、全国でもいち早く、iPadを授業に導入することを決めました。

KDDIとグループ会社の沖縄セルラー電話は、

この「沖縄離島”15の春”旅立ち応援プロジェクト」を支援し、

各島にiPadを10台ずつ、LTEの通信環境とともに寄贈させていただきました。

日本中のどこであれ、子どもたちがいきいきと学び続けられるように、

公共性の高いサービスを提供する通信企業として、

これからも、”15の春”の旅立ちを応援していきます。

プロジェクトの概要や学校での授業の様子、

離島でのICT教育に情熱を注いだひとりの先生の声を、短い動画にまとめました。

小さな島で進む、子どもたちの笑顔を育む画期的な取り組みをご覧ください。

沖縄の離島にiPadがやってきたよ!

〜沖縄離島”15の春”旅立ち応援プロジェクト〜

※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP