ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

世界初のApple Watch用スイミングアプリに世界が注目!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
swimmingapp3

イギリスのテクノロジー・スタートアップ、Active in Time社が、世界のスイマー待望のApple Watch専用スイミングアプリを開発し、そのテスト映像が話題になっている。

・トラッキング機能がスイミングを面白くする

アプリの使い方は簡単。アプリを立ち上げ、プールのメートル数を登録してスタートボタンを押すだけ。トラッキング機能が、自動的に心拍数や消費カロリー、何回のストロークで何本往復したのかを表示してくれる。

swimmingapp2

・期待される次世代Apple Watchのウォーター・プルーフ機能

しかし、Apple Watchにこのアプリが登場するのは先のことになりそう。

現在発売中のApple Watchに生活防水機能はあるものの、スイミングなどに耐えられるウォーター・プルーフ機能はないからだ。

世界のスイマーはウォータープルーフの付いた次世代のApple Watchの発売と、このアプリがApple社に無事に認証される時を待つしかない。

swimmingapp1

・ウォータスポーツに商戦の兆し

アプリのテスト開発風景を紹介するビデオでは、Apple Watch故障のリスクを覚悟で何度もテストを繰り返し、そしてディスプレイにはその運動記録がきちんと表示されている。

発売以来、ランニング向けのアプリが非常に充実しているApple Watch。

ハードウェアの機能開発が追いついて、水を気にせずに使えるようになれば、ウォータスポーツ用に購入するユーザーが格段に増えそうな予感だ。

Active in Time Limited

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。