ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

7/10は納豆の日 KREVA命名のJMC(ジュミッチ)MVに納豆の妖精“ねば~る君”や綿引さやか登場 小西真奈美も声出演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
7/10は納豆の日 KREVA命名のJMC(ジュミッチ)MVに納豆の妖精“ねば~る君”や綿引さやか登場 小西真奈美も声出演

 8月19日にメジャーファーストミニアルバム『さよならチャンキー、納豆PARTYで御座います。』をリリースするエレクトロポップユニット JMC(ジュミッチ)。今作のリード楽曲「納豆 ON THE RICE」のミュージックビデオが本日公開となった。

 JMC(ジュミッチ)は、この夏、KICK THE CAN CREWの復活でフェスを湧かしている音楽事務所エレメンツとタッグを組んで、ビクターエンタテインメントからメジャーデビューする福岡発エレクトロポップユニット。JMCでジュミッチと読むが、元々はJumicchiという表記で、事務所の先輩KREVAからの「表記はJMCでいいでしょ!」の一言であっさり表記変更することになった。

 本日公開となったMVの内容は、JMCの2人が部屋でテレビを見ているという設定で、チャンネルを変えるたびに「納豆料理番組」「子供番組」「歌番組」「納豆フェスティバル中継」「ドラマ」と番組が変わっていき、JMCの2人が七変化して全ての役を演じているというもの。その中の架空の子供番組『ねば~る君といっしょ』に納豆の妖精“ねば~る君”が出演しており、伸びたり縮んだりを繰り返しながらJMCと一緒に踊っている。この架空番組にはJMと同じ事務所で舞台【レ・ミゼラブル】公演中の女優 綿引さやかも出演している。

 また、7月8日に全国納豆協同組合連合会が行った【納豆クィーン表彰式】で、当楽曲「納豆 ON THE RICE」が2015年度納豆公認ソングとして認定。そんな納豆組合からの推薦もあり、ねば~る君は出演を快諾、初出演となるMVの公開日の本日はなんとねば~る君自身の誕生日でもある。

 ねば~る君出演パートの本番撮影は1時間弱行われたが、伸びたり縮んだり激しく踊るシーンの連続で、ねば~る君のダイナミックな動きに現場にいるタッフからは大きな歓声や笑い声が上がることもしばしばあった。その激しい動きからか、ねば~る君は本番中に思わず横になって寝てしまったり、固まって動かなくなる場面も見られたが、普段テレビやイベントでは見られないような激しいダンスをするねば~る君が映像に収めれている。

 撮影終了後、ねば~る君は「初めてミュージックビデオに出演してめっちゃ楽しかったねば~。これが本当の納豆コラボねばよ~。JMC(ジュミッチ)と心の納豆糸でつながったねば~。ありがとうねば~。」とコメント。JMCから「好きな納豆の銘柄は?」と聞かれると、「だから、それはメーカーさんがあるから言えないって言ってるでしょ」と早口で答えてスタッフを笑わせた。

 なお、映像のオープニングには小芝居があり、その後に楽曲が「君がいるから僕がいる。そんな歌を創ってみた。照れくさいので英語で唄ってる。『If you’re gonna be my rice, baby I’ll be your Natto.』もし君が、僕のご飯になってくれるなら、僕が君の納豆になってあげるよ。意味不明。」という本当に意味不明のセリフから始まるのだが、これは彼らのライブではお馴染みの「納豆 ON THE RICE」の前に行われるMCの一つ。

 また、小芝居に続くオープニングのタイトルコールを務める謎の女性の声は、なんと小西真奈美である。彼女と同じ事務所のJMCは、実は小西真奈美の現場マネージャーも務めているというつながりで実現した。

 このMVは、GYAO!では独占フル配信(http://bit.ly/1gpN8zL)となり、他動画サイトではshort ver.(https://youtu.be/YWE1RaUZM1A)が公開となっている。

関連記事リンク(外部サイト)

フルーツポンチ村上、ねば~る君にいじられる ねば~る君「ぶっしゃーじゃないねば!」
中村獅童&小西真奈美、舞台あいさつで涙 獅童「この役に運命的なものを感じた」
【JAPAN JAM BEACH 2015】第二弾でKREVA、THE BAWDIES、クリープハイプら20組を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。