ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏到来!思わずアイスが食べたくなるデザインのサイトまとめ12選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、ディレクターのさささんです。
いよいよ夏がやってきましたね!
夏といえば、海、プール、キャンプ、かき氷、「アイス」ですね。

今回はアイス関連のサイトを調べたので、紹介いたします。

イケてるアイスのサイト12選

ハーゲンダッツ

http://www.haagen-dazs.co.jp/

今ではもう定番のアイスになりましたね。
フレーバーごとにページがあり、食べたい気分になってついついサイトを回遊してしまいます。
自分へのご褒美にいかがでしょうか?

サーティワンアイスクリーム

http://www.31ice.co.jp/

こちらはお馴染みのアイスクリームショップ。
サーティワンというネーミングには「毎日違ったおいしさを楽しんでいただきたい」という願いが込められているようですね。
ネーミングに込められている願いのとおり、楽しさが伝わるデザインですね。

ウチカフェフラッペ

http://www.lawson.co.jp/recommend/uchicafe/campaign/frappe/

ローソンで販売しているウチカフェフラッペです。

アイスではないのですが、気になったので紹介。今年の新商品はアサイーボウルです。
仕事の休憩時間にも、コンビニで気軽に買えるのでGoodです。いま一番注目しています。

ハロハロ

http://www.ministop.co.jp/syohin/sweets/halohalo/

こちらもコンビニ。
ミニストップで販売しているハロハロです。今年で20周年のようですね。
夏といえば「ハロハロ」というぐらい定番の商品です。

コールドストーンクリーマリージャパン

http://www.coldstonecreamery.co.jp/

コールドストーンクリーマリーといえば、名前のとおり、石板の上で歌を歌いながらアイスを作ってくれることで有名ですね。
アイスの新鮮さが伝わってくるトップの商品訴求が印象的。

ベン&ジェリーズ

http://www.benjerry.jp/

これまで紹介したサイトとは違いイラスト感が強く、まるで絵本のようなサイトです。子ども受けが良さそうですね。しかも、レスポンシブサイトです。
私自身ベン&ジェリーズのアイスクリームを食べたことがないので、食べてみたいです。

ピノ

http://www.pinoice.com/

コンビニでもよく見かけるピノです。
個人的に好きなアイスのトップ5には入ります。
商品の特徴がサイトから感じられるところがイケてますね!
意外にもラインナップが多く驚きました。

PARM (パルム)

http://parm-ice.jp/

ピノと同じく森永乳業さんの商品ですね。
トップビジュアルの、なめらかなチョコレートがアイスを包んでいるさまが印象的で、商品の特徴を表現してますね!

ガリガリ君

http://www.akagi.com/brand/garigarikun/index.html

アイスといえば、この商品を忘れてはいけないですね。
定番中の定番のアイス。
ソーダ感全開のサイトで、ブレないブランディングがイケてます。

白くま

http://www.marunaga.com/product/shirokuma/

九州名物しろくまです。
コンビニでも買えるようになり、身近になりました。
こちらも白くまのキャラクターが全面に出ていて、商品のイメージがそのままサイトで表現されています。
カップの白くまはハーゲンダッツ同様、自分へのご褒美価格。

チョコモナカジャンボ

https://www.morinaga.co.jp/ice/syouhin/jumbo/

スーパーやコンビニで必ず見かけます。
サイトのデザインが、モナカの溝を表現しているような印象です。
パリパリ感がたまらないアイスです。

アイスの実

http://www.glico.co.jp/ice/mi-cp2015/index.html

今回紹介のサイトは、キャンペーンサイトです。
きゃりーぱみゅぱみゅさんとの撮影会が当たる?!
キャンペーンとLIGは一切関係はありません。。。

まとめ

定番のアイスが中心でしたが、いかがでしたか?
意外と見たことがないサイトもあったかと思います。
夏はアイスの季節。
食べ過ぎてお腹を壊さないように注意してくださいね!

それでは、また。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
LIGの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP