体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「友達以上、恋人未満」を抜け出せない人がやりがちな5つの習慣

150709_dateless-generation

「付き合おう」というはっきりとした言葉があって初めて、カップルになっていた学生時代。でも、大人になるにつれて、なかなか想いを伝えなくなるものですよね。そうして、曖昧な関係の二人が増えてしまうことに。

ニューヨーク在住の女子大生Jenna Shnayersonさんが「Elite Daily」に寄稿した記事には、そうした関係から抜け出すためのヒントがまとめられています。大人びた意見には、思わず納得してしまいます。

shutterstock_78140050_R

「何度かデートを重ねて上手くいっていると思っていたのに、急に連絡がつかなくなった」という話は、残念だがよくあること。

もうあなたは傷つきたくないはず。だからこそ感情を隠し、相手に弱さを見せないようになる。

でも、それは「あなたなんかただの遊び」というシグナルを相手に送ることにもなる。そうして相手から連絡がこなくなり、結果的に自分を傷つけるのだ。

つまり、一歩進むために必要なのは、相手に対する「クールさ」と「親しみやすさ」の最適なバランス。そのためには以下が重要になる。

shutterstock_164563448_R

01.
「一緒に映画を観たい」
とすら言えない

shutterstock_238159840_R

「遊ぶ」という曖昧な言葉を簡単に使うのは止めるべき。二人は既にデートを重ねて心を通わせているのに、なぜお互いの気持ちを正直に言わないのだろうか。

泊まりにきてほしい、一緒に映画を見たい。そう思ったなら、素直に言えばいい。言葉の選択は小さなことだが、非常に重要なこと。正直でいることで、あなたの気持ちが本物だという前向きなメッセージを伝えることができる。

02.
食事に誘う時間が遅すぎる

21時に誘っても相手のその日の予定は全て終わっているはず。既に飲みに出かけているかもしれない。

二人で出かけたいのなら、その時間までには誘いたいところだ。

03.
常に二人で過ごそうとする

shutterstock_165811187_R

バー、パーティー、スポーツイベント、コンサート。友達との計画に意中の相手も誘ってみるのも手。カジュアルにその人を自分の友達の輪の中に誘い入れることができる。これはあまりかしこまらずに、相手を見極める良い方法だ。

その人に自分と友人の関係を見せることもでき、その人が知らない人にどう接するのかを見ることもできる。

04.
「電話は付き合い始めてから」
と勘違いしている

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。