ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朴槿恵氏 10代の頃『an-an』『non-no』愛読していたとの証言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 朴槿恵(パク・クネ)大統領が選挙を制した2012年12月19日の夜、ソウルでは年配者の多い保守層の支持者は安堵し、革新を志向する若者たちは目に涙を浮かべ悔しがった。一方、東京の盛り場ではこんな光景も見られた。

「赤坂の韓国クラブに行くと、ママたちはホッとした表情だった。この年の8月に李明博(イ・ミョンバク)前大統領が竹島を訪れて以来、日本人の反韓気運が高まって、明らかに客足が減っていましたから」(韓国民団幹部)

 朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の娘なら、きっと日本と上手くやってくれるだろう。当時、日韓両国でこうした期待が少なからず存在していた。

 朴正煕氏といえば、1965年の日韓国交正常化の立役者だ。その際、日本から得た計8億ドル以上の供与を契機にして、韓国は「漢江の奇跡」と呼ばれる発展を遂げる。朴正煕のカウンターパートは岸信介元首相。ご存じ、安倍晋三首相の祖父だ。表の外交から在日人脈を使った裏交渉まで、陰に陽に日本と接触を持った父の背中を娘も見てきたはずだ。

 元大手新聞のソウル支局員は、「日本と交流を持ってきた父の影響もあって、小さい頃から日本の雑誌を手にとってきた。若い頃は、『an-an』『non-no』を愛読していたという話もあります」と語る。『an-an』『non-no』の創刊は、それぞれ1970年、1971年。当時、10代後半の朴槿恵氏は、こうした雑誌を手に取って、日本の流行に親しんでいたのだろうか。

※SAPIO2015年8月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO人気連載・業田良家4コマ「北にそっくり」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画「鏡のない国のパク」
SAPIO人気連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「根拠のないデマ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP