ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅行先でもコンビニ飯40代男性 「オレは失敗したくない!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 旅行に行ったならば、その地方の美味しいものを食べたいと思うのが常。しかし、中にはまったくそんな気持ちにならないという人もいる。千葉県に住む女性Kさん(46才)は2人の子供とリサイクル会社を経営する夫(45才)と4人暮らし。Kさんが、夫に対する不満を告白する。

 * * *
 私の目を盗んでは競馬、パチンコ、ときどき競艇。ギャンブラーの夫が、なぜか食べものだけは絶対に冒険しないの。北海道旅行しようが、私の実家の大阪に行こうが、コンビニかファミレスか、全国チェーンのラーメン店。

「そこに行かないと食べられない新鮮なお寿司とか、有名ラーメンとか、たこ焼きとか食べたくないの?」と聞くと、夫は「おれは失敗したくないんだ!」と鼻の穴をふくらませて、エラそーに。

「旅行に来てるんだから、この有名店に行こうよ」と言っても、「ばか! もしも高い金払ってまずかったらどうする? 一見さんとわかったら、ボッたくられるぞ」って。

「なら、言わせてもらうけど、あんた、今までいくらギャンブルにつぎ込んでいるの? 失敗したくないだ? ふざけないでっ!」

 旅の恥はかき捨てじゃないけど、地方に行くと必ず怒鳴り合いの夫婦げんか。

 こんなヤツと旅行してもちっとも面白くないから、夏休みとか別行動にしようとするんだけど、必ず「おれも行く」ってついてくるの。

 あ~あ。やだ、やだ。

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
10日間で世界一周した体験をもとに記したガイド本兼旅行記
バブル自慢の40代男 20代女に「お前はカップ麺ですむ」
年末年始に役立つ 大人がゆっくり楽しむための海外旅行指南書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP