ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人V9 5番に生え抜きの末次民夫を据えたから可能になった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 巨人V9から50年目の節目となった今年、『巨人V9の真実』(小学館)が出版されたのを記念し、V9時代を支えた巨人のエース、400勝投手の金田正一氏、「エースのジョー」と呼ばれた城之内邦雄氏、そして栄光の18番を背負った堀内恒夫氏が一堂に会し座談会を行なった。座談会では不調に陥っているいまの巨人軍と、その原因のひとつである頼れる正捕手についてV9戦士たちの本音が飛び出した。

──お三方の球を一番受けた森昌彦(現・祇晶)さんはどんな捕手でしたか。

金田正一(以下、金田):リードしているようでしていない名キャッチャーだったな。

城之内邦雄(以下、城之内):それでいいんですよね。むしろ今の捕手は、なぜやたらにアウトやインに移動して構えるんだろうと思う。気配でヤマを張られるだけ。ど真ん中に投げても必ずどちらかに逸れるんだから、真ん中にどっしり構えて投げやすくしてもらうのが一番いい。

金田:森はそれを心得ていたんだよな。だから構えをいちいち変えなかった。

堀内恒夫(以下、堀内):でも森さんは打たれてベンチに戻った時、川上(哲治)さんに怒られたら必ず「サイン通りではなく、ど真ん中に来た」って言い訳してましたね。ところが「ど真ん中」といっていた時に、センターから帰ってきた柴田(勲)さんが「いいコースだったな~、あれは打ったヤツを褒めないとな」っていって大笑いしたことがありました。

城之内:森さんはキャッチングが上手かったよね。パスボールをしない捕手だった。当時はサイン盗みを防ぐために真っ直ぐのサインでシュートを投げたりもしたけどうまく受けてくれた。

堀内:ただ、アウトコースのキャッチングが流れる癖だけは参った。覚えているのは阪急とやった日本シリーズで、相手はスペンサー(*注)。真っ直ぐ、真っ直ぐでツーストライクに追い込んでベンチのサインは「カーブで外せ」だった。だから外したのに、森さんのミットが流れてストライクになった。結果的に三振ですが、ベンチで怒られて罰金ですよ。

【*注:ダリル・スペンサー/メジャーを経て1964年、阪急入団。手法として活躍し、1965年には野村克也(南海)と三冠王を争った。NPB通算は打率.275、152本塁打】

城之内:昔は皆、個性があって面白かったよね。それに熱かった。味方の攻撃中に、ベンチの背もたれに背中をつけているようなヤツはいませんでした。ON(王貞治・長嶋茂雄)をはじめ、大選手も前のめりになって檄を飛ばしていた。

金田:それぞれが自分に求められている役割をわかっていた。特にONに繋ぐバッティングは見事だった。

堀内:しつこかったですよね。とにかくONに繋ぐためにどうするか、という意識でやっていた。

金田:ONは先頭打者で迎えてもそこまで怖くはない。が、塁が埋まっていると、とてつもない力を出しよる。

堀内:間違いなくチームの核でした。その分、5番打者には苦労していましたよね。よそから獲ってきた選手が皆潰れてしまった。「ONの後」というプレッシャー。その点、V9後半によそから獲るのを諦めて末さん(末次民夫。現・利光)を据えたのは良かった。末さんがいなければ相変わらず5番調達に奔走していただろうから、9連覇なんてできなかったと思います。

※週刊ポスト2015年7月17・24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ソチ五輪 4人乗りボブスレーの真ん中2人は何をしているのか
参道・鳥居の“真ん中”は神様の通る道なので歩いてはダメ
ゴシップ大好きで情報通の真ん中っ子 実はひがみっぽい性格

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。