ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

抗加齢研究の眼科医「青光カットと休日脱コンタクトが重要」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 アイクリニック天神(福岡県)院長で、日本抗加齢医学会認定専門医、加圧トレーナーでもある眼科医の大倉萬佐子さん(53才)は、目と体のアンチエイジングを研究している。

「加齢とともに目の機能が衰えると、ドライアイや老眼に。目の疲れは老化を加速させやすい。だから、スマホにブルーライトカットのシートを貼り、休日はコンタクトレンズを外すなど、日々のケアが不可欠です」(大倉さん・以下同)

 さらに、全身運動をしたり食事にも気を使っている。

「とはいえ、ストイックではないんです。楽しい時に出る快楽ホルモンがどんなメイクよりも目を輝かせ、健康にも欠かせないので、お酒を飲んで日々感動。好奇心を持続しています」

 そんな大倉さんが、普段実践している朝と夜の生活習慣を紹介しよう。

【朝活】
・午前6時30分頃 起床
・朝食はブロッコリー入りのスムージー
・プラセンタドリンクで2日酔いを防ぐ
・入浴して手足をマッサージ
・目は丁寧に洗い、栄養補給
・ビビッドな色、タイトなファッションで出かける

【夜活】
・外食時は節制よりも楽しく飲食する
・加圧トレーニング後、ステッパー(足踏み運動機器)で有酸素運動
・入浴時にホットアイマスクや目の周りのツボ押しをする
・目の周りを洗い、栄養補給
・午前0時頃 就寝

※女性セブン2015年7月23日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
風邪予防にはみかん、しょうが お風呂ソムリエの入浴剤選び
運動だけではかえって危険 カシコい体作りの正しい栄養補給法
運動開始から20分経たないと脂肪燃焼されない説に研究者異議

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP