ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「リーボック クラシック」初の直営店が原宿にオープン – 15足限定ベンチレーター発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 
まだまだ続くスポーツブランド、スニーカーブーム。「Reebok(リーボック)」の歴代の名作を中心に展開する「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」の、初の直営店となる「Reebok CLASSIC Store Harajuku(リーボック クラシック ストア 原宿)」が、7月10日(金)、原宿キャットストリートにオープンする。


 
「Reebok CLASSIC Store Harajuku」は、ストリートシーンに数々の影響を与えてきた「Reebok CLASSIC」の魅力と世界観が詰まった、日本で初めてのコンセプトショップ。同ブランドの根源となる“80年代のフィットネス”と“90年代のスポーツ”という2つの伝統を中心に展開される復刻シューズや、オーセンティックなアパレル商品など、豊富なアイテムを取り揃える。



 
1階は「インスタポンプフューリー」や「ベンチレーター」など、ブランドを代表するフットウェアモデルをラインナップ。「Reebok CLASSIC TOKYO」のロゴ入りオープン記念Tシャツや、今回のオープンを記念して、つま先とかかと部分に天然のサーモンスキンを使用した「ベンチレーター」2色が各15足限定で販売される。


ベンチレーター サーモンスキン ヴァイオレット 30,000円(税抜)15足限定


リーボック クラシック カメラ

フロアには、チームラボが開発した「リーボック クラシック カメラ」が8月末まで期間限定で設置。80年代もしくは90年代のビンテージポスターをバックに、その年代に流行や小物をコラージュした写真を撮影することができる。写真は自動でFacebookの専用アカウントで公開され、ダウンロードが可能。
2階は、今年同ブランドから登場した東京発信の「TOKYO COLLECTION」の商品を中心としたアパレル商品を展開。今後はアート、ミュージック、エンターテイメントにまつわるイベントやエキシビジョン等を定期的に行う予定だという。

オープンを記念して、“シンデレラのガラスの靴”をイメージしたスワロフスキー社製のクリスタル・ガラスをあしらった、世界に10足、日本に1足しかない非売品「スワロフスキー ポンプフューリー」が当たるキャンペーンもスタート。

今春には「adidas Originals(アディダス オリジナルス)」の旗艦店がオープンするなど、スポーツブランドの直営店オープンで原宿はさらに盛り上がっている。

《information》

■Reebok CLASSIC Store Harajuku(リーボック クラシック ストア 原宿)
住所:東京都渋谷区神宮前6-14-7
電話番号:03-5778-4354
オープン日:2015年7月10日(金)
営業時間:11:00〜20:00
定休日:不定期

【オープン記念限定商品】
ベンチレーター サーモンスキン(各色15足)
価格:30,000円(税抜)
サイズ:24.0cm〜30.0cm(1cm刻みで展開)
カラー:2色(ヴァイオレット、ブラック)

スタークレスト TOKYO Tシャツ
価格:4,000円(税抜)
サイズ:XS〜XO
カラー:1色(ホワイト)

■「スワロフスキー ポンプフューリー」プレゼントキャンペーン
展示&応募期間:2015年7月10日(金)〜7月26日(日)
応募方法:リーボック クラシック ストア 原宿に展示してある「スワロフスキー ポンプフューリー」を撮影した写真を #リーボッククラシック をつけてTwitterまたはInstagramに投稿すると、抽選で1名にプレゼント
サイズ:24cm
※当選者には7月末頃にReebok CLASSIC公式SNSアカウントよりダイレクトメッセージにて連絡します

Reebok オフィシャルサイト
http://reebok.jp/classic

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP