ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大分で「『描(か)く!』マンガ展 」 作画技術から捉える漫画の魅力

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像はすべて大分県立美術館公式Webサイトより/(C)さいとう・たかを (C)KIYOHIKO AZUMA/YOTUBA SUTAZIO
作画技術とその時代背景から漫画の魅力に迫る展覧会「『描(か)く!』マンガ展 ~名作を生む画技に迫る──描線・コマ・キャラ~」が、大分県立美術館(OPAM)にて、8月1日(土)から9月23日(水・祝)まで開催される。

会場では、『BLACK JACK』を手がけた手塚治虫さんなど漫画の巨匠たちによる、子ども時代やデビュー前後の貴重な作品のほか、「マッドメン」シリーズなどを描いた諸星大二郎さんをはじめとした、現代を代表する漫画家8名の原画作品などが展示される。

巨匠による名作や現代のヒット作の技法に迫る

本展は、「描く」「人に見せる」「たのしむ」という、漫画の本質的な営為に着目。日本を代表する漫画家たちの卓越した作画技術を紹介し、「描く」という行為から漫画文化の魅力を紐解いていく内容となっている。

5歳の女の子のほのぼのとした日常を描いた『よつばと!』の作者・あずまきよひこさんや、超一流スナイパー・デューク東郷の活躍を描いた『ゴルゴ13』で知られるさいとう・たかをさん、漫画家志望の芸大生が夢に向かって奔走する姿を描いた青春漫画『アオイホノオ』を描いた島本和彦さんなど、豪華な面々の作品を展示。

作者それぞれの独自の描線や画面構成などの技術を、作品の原画や拡大パネルを通じて紹介していく。また、パロディー漫画家の田中圭一さんによる技法解説も行われる。

そのほかにも、漫画を描くためのさまざまなガイドやツールを紹介し、実際に漫画を「描く」体験ができるコーナーも設置されるようだ。

(C)2013 Oita Prefecture, All rights reserved.

引用元

大分で「『描(か)く!』マンガ展 」 作画技術から捉える漫画の魅力

関連記事

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP