ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoProよりリーズナブル!?アクション撮影用ウェアラブルカメラ「Barnacle」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スポーツなど、激しい動きを撮影するカメラとしては「GoPro」が名高い。

いわゆるアクションカメラの代名詞的存在だが、それなりの値段がする。

もし、同様のカメラの購入を検討しているなら、このほど資金調達サイトKickstaterに登場した「Barnacle」はお手頃価格。検討する価値がありそうだ。

・バイクに踏まれても壊れない!

Barnacleの特徴はまず小型で、重さも50グラムと軽量なこと。日常を撮影するウェアラブルカメラにはこのサイズはあるが、アクションカメラとしてはかなりコンパクトだ。

それから、かなり丈夫なつくりなのもセールスポイント。Kickstaterサイトでは、カメラがバイクのタイヤの下敷きになっても壊れない様子が紹介されている。

・設置場所選ばず

撮影性能はというと、フレームレートはフルHDが1920×1080、HD は1280×720。1回の充電で約2時間撮影が可能だ。マイクも内蔵し、モーションアクティベーション機能も備えている。

もちろん、ヘルメットやバイク、自転車などいろんなところへの設置もできる。

・Wi-Fi非対応で価格抑制?

撮影データはマイクロSDカード(128GBまでに対応)に保存され、BluetoothやWi-Fiには対応していない。この点が、値段的にGoProよりもかなり低く抑えられているポイントだろう。

しかし、その場ですぐに撮影動画を見たい、ライブ配信したいということでなければ、GoProに代わる選択肢としていい線をいくかもしれない。

Kickstaterでは145豪州ドル(約1万5000円)からの出資で入手できる。アクション撮影に初挑戦、という人にも良さそうだ。キャンペーンは7月26日まで。

Barnacle/Kickstater

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP